突き抜けた妄想力に魅了される、村田沙耶香の短編集。

特集

リアルないまに突き刺さる村田ワールドの魔法。

『丸の内魔法少女ミラクリーナ』

2005xx-livre-03.jpg

村田沙耶香著 KADOKAWA刊 ¥1,760

ストレスフルな日々を「魔法少女」に変身して乗り切ろうとする表題作。初恋の彼を監禁して、片思いに終止符を打つ「秘密の花園」、ジェンダーレスな近未来を描いた「無性教室」、怒りの感情が消滅した若い世代に違和を感じる「変容」。奇抜な着想の行きつく先は、私たちが直面しているリアルないまだ。現実に対するズレが、自分の核にある譲れないものを浮かび上がらせる。突き抜けた妄想力は、生き抜くための武器だ。ラジカルなパワーが伝染する全4編。

*「フィガロジャポン」2020年6月号より抜粋

【関連記事】
芥川賞作家が送る、人間工場と対峙する少女の物語。
ノーストレスな読書環境と、身体を動かす内外バランス。

réalisation : HARUMI TAKI

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。