朝のセックスが若さの秘密? オーガズムの効用。

特集

オーガズムを感じたことがあるか、ないか。そしてオーガズムが健康にいいとは本当なのか?
『オーガズムの治癒効果』の著者で、精神分析家でセックスセラピストのアラン・エリル。多くの証言と科学的見地をベースに、オーガスムに秘められた健康効果について紹介します。

200806-vous-sous-estimez-probablement-les-pouvoirs-de-lorgasme.jpg

オーガズムにはいくつもの健康効果がある。photo : Getty Images

「オーガズムの後、どんな気分になる?」という問いに、多くの人は「リラックスする」「落ち着く」とシンプルな答えを返すはず。
だが、この返答は正確には何を意味しているのだろうか? 精神分析家でセックスセラピストのアラン・エリルが、『オーガズムの治癒効果:快楽が苦痛を取り除くとき』と題した最新著書でこの問題に真正面から取り組んでいる(1)。

セックスの最高の瞬間が身体にどんな効果や影響を及ぼしているかを把握するため、エリルはオーガズムについて男女の証言を集めることにした。彼が2019年2月にフェイスブック上で行った、オーガズムの治療効果をテーマにしたアンケート調査に協力したのは600人、そのうち70%が女性だ。参加者たちは「あなたにとってオーガズムとは?」「オーガズムには身体の不調を治す働きがあると思いますか? あるとすると、どんな症状に効くと思いますか?」といった質問に回答を寄せた。その結果、驚くべき内容の証言が集まった。性的快楽が生理痛を和らげると答えた人もいれば、抑うつ気分が解消されると証言する人もいた。アンケートと並行して、ヘリルは既存の研究を検証し、これらの証言を支持する科学的根拠を提示、オーガズムのもつ治癒効果のメカニズムを解き明かそうと試みている。

オーガズムは薬だと主張するわけではない。この本の意図は、オーガズムの価値を再評価し、充足した人生にとってオーガズムがどれだけ本質的な役割を果たしているかを再確認すること。そのうえで、著者はある種の疾病の治療のサポートとしてセックスセラピーを活用する道を探る。思いもよらない力を秘めたオーガズム。その効力の一端を紹介しよう。

---fadeinpager---

ストレスへの効果

ストレスとセクシャリティは危険な関係にある。前者が後者に悪影響を及ぼすのは言うまでもない。対してセックスにはストレスを和らげる効果がある。ここで大事な役割を演じるのはオーガズム。話はいたって単純だ。オーガズムを感じると、脳内では大掛かりな反応が起こる。「ホルモンが一挙に分泌されます」とアラン・エリルは説明する。「性的快感を感じてしばらくすると、脳内で報酬系ホルモンであるドーパミンが分泌されます。このホルモンには、アドレナリンや、ストレスを受けると放出されるコルチゾールの過剰分泌を抑える働きがあります。必然的に、オーガズムには抗ストレス効果があるということになります。よく似た現象は瞑想状態でも生じることがあります」。だからといって、オーガズムは不安やストレスに対する究極の秘薬というわけではない。精神的な緊張を多少軽くしてくれるツールだと考えておこう。

痛みへの効果

オーガズムで幸福感が得られるのは、「体内の天然モルヒネ」とも呼ばれる「エンドルフィン」というホルモンが大量に分泌されるため、とエリルは指摘する。エリルが集めた証言のなかには、生理痛の緩和のためにマスターベーションをするという女性たちの声もあった。また、持病を抱える人のなかには症状が辛いときにオーガズムの鎮痛効果を活用するという人も。「多発性硬化症を患う女性からは、オーガズムの後には痛みが和らぐ、痛みの度合いが軽くなるという答えもありました」。

“オーガスムによって、「体内の天然モルヒネ」とも呼ばれる「エンドルフィン」が分泌されます” ーーアラン・エリル、精神分析家・セックスセラピスト

関節痛や痙攣の症状がある人にも、効果があるようだ。「慢性疲労症候群や、筋肉に問題を抱えている人は、筋肉が持続的に過緊張状態にあります。オーガズムには、筋肉に溜まった乳酸を減らし、筋肉の緊張をほぐす効果があります」。

---fadeinpager---

オーガズムと偏頭痛

アンケートをまとめたエリルによると、オーガズムが頭痛に効いたという証言が男女ともに多かったという。偏頭痛が完治するわけではないが、性的快楽は痛みの緩和に役立つようだ。「偏頭痛がひどいときは、遊びや気晴らしをする気が起きなくなってしまう。そんな時でも、オーガズムは楽しいことに目を向ける助けになります」とエリルは言う。

前立腺疾病への効果

前立腺ガンの罹患率は再び増加傾向にあります、というエリル。彼が参照する最新の研究は、前立腺を健康な状態に保つには、日頃から前立腺を刺激し、鍛えることが重要だと示唆している。その鍵となるのは射精。「前立腺の健康維持には、1ヶ月に21回の射精が必要という研究もあります。前立腺は射精の推進役。ケアを怠ると機能が鈍り、疾病発症リスクが高まってしまいます」とエリルはアドバイスする。

---fadeinpager---

頭がすっきりする

どうしても考えがまとまらない? そういうときは一休みして、エクスタシーを感じてみよう。ちょっと短絡的に聞こえるし、オフィスではなかなか実践しにくいアドバイスだが、なかなかどうして。エリルの説明では、この現象は瞑想やソフロロジーがオーバーヒートした脳にもたらす効用に匹敵するという。瞑想やソフロロジーの呼吸法には、とりわけ高ぶった感情を落ち着かせる効果がある。「オーガズムは感情的な体験です。オーガズムを感じている瞬間には、恐怖、喜び、怒りなど複数の感情が働きます。それによって、いわば大脳辺縁系では情動の調整が行われるわけです。オーガズムはまた、私たちの思考を担う部位である大脳新皮質も解放してくれます」。

若さと楽観主義のもと

エリルは著書のなかで、ノーベル医学賞を受賞したアメリカのバリー・コミサルク博士の研究を引用している。コミサルク博士はとりわけ起床時の性交渉と朝のオーガズムに焦点を当てている。博士によると、朝のセックスやオーガズムには、脳の働きを活性化し、楽観的な思考を促進し、そのうえ若さ係数を増やす効果があるという。そうしたことからコミサルク博士は定期的に午前中にセックスやマスターベーションでオーガズムによる刺激を得ることを勧めている。時間は朝の10時前がベスト。「人間の思考力が最も鋭敏に働くのは朝10時まで。この時間帯にオーガズムを感じることで、脳の適度な緊張が維持されます」とエリルは言う。記憶力を鍛えるために、どんなトレーニングよりもエキサイティングなこの習慣を試してみては。

(1)アラン・エリル著『オーガズムの治癒効果:快楽が苦痛を取り除くとき』グランシェ出版、16ユーロ。

【関連記事】
普段よりセックスしてないカップル。それ、普通です。
私たちがポルノを観る理由――彼女たちの告白。

texte : Ophélie Ostermann (madame.lefigaro.fr)

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。