『秘密の森』は、韓国の「検察の闇」問題に迫る犯罪サスペンス!

特集

From Newsweek Japan

主人公は幼少期に脳手術を受けて感情を失い、理性のみで行動する冷徹な検事。上司の汚職を探っていた彼は――。脚本のイ・スヨンは3年かけて検察関係者に取材。シーズン2も高視聴率を記録している。

a818812068c7c2d48e6f0f6363e894cc171e61a4-thumb-720xauto-249592.jpg

女性刑事ハン・ヨジン(ペ・ドゥナ)と検事ファン・シモク(チョ・スンウ)が疑惑を解き明かす社会派ドラマ『秘密の森』。Netflixでシーズン1配信中、シーズン2独占配信中

文/柾木博行

2019年に多くの不正疑惑で話題になった韓国の曺国(チョ・グク)元法相。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が彼を起用したのは、強大な権力を持つ検察組織の改革のためだった。『秘密の森』は、こうした韓国社会の抱える問題を扱った硬派な犯罪サスペンスだ。

ソウル西部地検の検事ファン・シモク(チョ・スンウ)は幼少期に脳手術を受けて感情を失い、理性のみで行動する冷徹な男。上司の汚職を探っていた彼が贈賄側の自宅を訪ねると、男は死体となっていた。女性刑事ハン・ヨジン(ペ・ドゥナ)と一緒に容疑者を追跡・拘束したものの、それは検察や警察、財閥が癒着する「秘密の森」に仕掛けられた罠の始まりだった──。

210504P32_18_19B.jpg

巨大財閥グループ「ハンジョ」のイ・ヨンジェ(ユン・セア)は『秘密の森』シーズン1、2を通じて警察、検察に圧力をかける。Netflixでシーズン1配信中、シーズン2独占配信中。

黒幕の存在のほか、検察と警察の立場を超えて協力し、ストイックに捜査に突き進むシモクとヨジンの関係も気になるところ。一つ言えるのは、脚本のイ・スヨンは甘い夢物語でなく、自らを厳しく律し不正を追及する者が必ずいるという夢を紡ぎ出したことだ。

驚くのはこれが彼女のデビュー作である点。3年かけて検察関係者に取材したという。次作の『ライフ』では、大学病院の暗部に切り込む医療ドラマで高評価を得た。『秘密の森』シーズン2も、彼女の緻密な脚本に支えられ高視聴率を記録している。

 

『秘密の森』(2017~)

出演/チョ・スンウ、ペ・ドゥナ、ユン・セア、イ・ジュンヒョク、ユ・ジェミョン
Netflixでシーズン1配信中、シーズン2独占配信中

(※韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」――ニューズウィーク日本版5月4日/11日号「韓国ドラマ&映画50」特集より。ニューズウィーク日本版では、さまざまなジャンルの注目ドラマ20作品を取り上げています)

0e123ac85a74225410c5c6f32b0ba4809aea2460.jpg

 

texte:HIROYUKI MASAKI

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。