AZの数秘術で、人と人との関係性を紐解く。

運命数&相性数『3』天真爛漫、楽しむことこそ人生!

特集

悩みの9割は対人関係というほど、人と人との関わり方は難しい。友人、恋愛パートナー、家族、仕事、ママ友、SNS……、数字で人を知るカバラ起源の数秘術で、コミュニケーションを整えて。
>>運命数と相性数の計算方法はこちら

運命数&相性数『3』
天真爛漫でユーモラス、楽しむことこそ人生!

03_AZ-kabara-210629.jpg

【運命数『3』の基本性格】
天真爛漫で楽天的、人生全体が永遠の夏休みのようなタイプ。たいていのことはどうにかなる、という精神で切り抜けていく軽やかさがあります。さっぱりとした明るいユーモアの持ち主で、おしゃべり好きな人気者。また、いくつになっても年をとらない雰囲気で、周囲からの憧れの的になることも! 無邪気さを隠してクールに生きている人もいるかもしれません。でも頭の中には子どもの自分がいて、おもしろい本音を炸裂させているはず。おしゃれで流行を取り入れながら、自分なりのセンスとうまく組み合わせられる人です。

【運命数『3』の対人】
陽気でノリがいいか、恥ずかしがり屋かに分かれます。陽気なタイプは軽やかで話もおもしろく、場を明るくします。ただ、口が軽くておしゃべりすぎる面も。一方で恥ずかしがり屋は、聞き役に回りつつ、内心ではしっかりと楽しんでいます。どちらのタイプも親密な関係は苦手なので、重たい相談やシリアスな話は避けるでしょう。

【運命数『3』の仕事】
遊び心を生かせる仕事がベスト! ワクワクしながら働くのが向いています。多くの人と関わっていくことも吉。イベント企画、エンタメ、広告、営業、接客などが適職です。トレンドや食、コスメ関係もオススメ。複数の要素を上手に掛け合わせて新しいものを生み出し、心が躍る提案ができるはず。楽しいかどうかで仕事を選んで。

【相性数『3』の場合】
運命数の合計が「3」の人たちは、一緒にいるだけで楽しいふたり。何をしても盛り上がるし、何もしていなくても心が明るくなり、純粋な友情が芽生えます。ただ、この相性の相手に本音で接するのは意外と難しいかも。というのも、シリアスな話は恥ずかしいから。プライドや嫉妬心は捨てて、気持ちを素直に伝えれば深い話もできます。お互いの感情を共有すると、さらにハッピーな関係が築けるはず。たとえば、「1と11」は、お互いが自分の話をして相手の話を聞いてなくても、なぜか会話が噛み合ってしまうふたり。おしゃべりが止まらなくなることも。11が褒めたら、1はその倍褒め返すことが楽しい関係のポイント。また「6と6」は、笑っておしゃべりすることが最大の癒やしに。誕生日などに贈りものし合うと、センスを素直に褒め合って楽しさも倍増。「8と22」は、ふたりの間だとほかの人には絶対に言わない冗談も出てくるような相性。時々会って近況報告をすれば、最高のストレス解消に。お互いに「ここだけの話だけど……」と、弱みをさらけ出して。そして「33と33」は、ほかの人にたしなめられるようなことも、ふたりの間では盛り上がる話題に。誰にもわかってもらえないと思ってきたことを打ち明け合うと、かけがえのない友情が芽生え、末永く続いていきます。

>>「AZの数秘術」TOPへ

AZ /パリコレ出演歴もあるモデルとして活躍後、数秘術に開眼。旅する占い師として国内外を旅しながら、SNSなどで発信中。
@az.momoharu

*「フィガロジャポン」2021年8月号より抜粋
Amazonでの購入はこちら>>

text: Kimino Hada (cocoloni), illustration: Ayame Ono

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。