スタイリスト別、おしゃれの変革2020。 "何もしないスタイリング"が気分。by 宇都宮千明

Fashion 2020.07.21

"何もしないスタイリング"が気分。

宇都宮千明
CHIAKI UTSUNOMIYA

20年春夏はプラダのファーストルックに衝撃を受けました。ポロニットとスカートだけでこんなに美しくモダンになるなんて! プラダに感化され、シンプルなアイテムをレイヤードせずさらりと着るのが気分。オーガンジーやチュールなどの透ける素材は変わらず好きですが、今季はナチュラルなリネンやラフィアが気になります。ほっこりしがちな天然素材を、ちょっとしたことでいかに洗練させるか。“何もしないスタイリング”の可能性に挑戦中です。

chiaki-utsunomiya-01-200715.jpg

ナチュラル素材熱の始まりは、プラダのシルクガーゼスカートから。「硬質なシルバーのアクセや足元の細いストラップがモダンさの秘訣」。スカート¥165,000(予定価格)/プラダ(プラダ クライアントサービス) シルクキャミソール¥30,800/アワー レガシー(エドストローム オフィス) ボトルタッセル¥77,000/ジル サンダー(ジルサンダージャパン) プラットフォームサンダル¥124,300/ドリス ヴァン ノッテン

---fadeinpager---

chiaki-utsunomiya-02-200715.jpg

「ほっこり感のあるウッドピアスには、アクの強いゼブラ柄くらいがちょうどいい」。ピアスの小ぶりなサイズ感も上品にまとめるコツ。柄シャツ¥63,800/ドリス ヴァン ノッテン ピアス¥107,800/ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)

---fadeinpager---

chiaki-utsunomiya-03-200715.jpg

今季みんなが恋に落ちた、一見何の変哲もないプラダのポロニット。有機的な天然のシェルバッグを合わせて繊細な印象に。「どう着るかより、どんなアイテムを選ぶかのほうが重要。90s調のデニムスカートを合わせてフレッシュな抜け感を」。ポロニット¥141,900(予定価格)/プラダ(プラダ クライアントサービス) デニムロングスカート¥51,700/アワー レガシー(エドストロームオフィス) シェルバッグ¥247,500/ジル サンダー(ジルサンダージャパン)

---fadeinpager---

ナチュラルなものを洗練させて。

chiaki-utsunomiya-04-200715.jpg

クラフト感あふれるラフィアの襟が、耳元のシルバーであか抜ける。ドレス¥1,270,500/ジル サンダー(ジルサンダージャパン) ピアス¥38,500/ルメール(エドストローム オフィス)

---fadeinpager---

chiaki-utsunomiya-06-200715.jpg

ゆったりしたリネンのドレスは、パールのネックレスとピアスで品よく仕上げて。ドレス¥55,000/ガブリエラ コール ガーメンツ(ビオトープ) ネックレス¥363,000、ピアス¥144,100/ともにミキモト(ミキモト カスタマーズ・サービスセンター) サンダル¥115,500(予定価格)/プラダ(プラダ クライアントサービス) 

---fadeinpager---

chiaki-utsunomiya-05-200715.jpg

脱コンサバの鍵は胸元の魚と切りっぱなしにしたトラウザーの裾。ボウブラウス¥49,500/ストラスブルゴ シルクトラウザー¥60,500/ガブリエラ コール ガーメンツ(ビオトープ) 短く着けたフィッシュネックレス¥93,500/ジルサンダー(ジルサンダージャパン) ヴィンテージセーラー帽¥6,930/ジャンヌ・バレ ロープベルト¥24,200/フォルテ フォルテ(コロネット) サンダル¥64,900/マリ ジウディセリ(ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店)

●問い合わせ先:
プラダ クライアントサービス 0120-451-913(フリーダイヤル)
エドストローム オフィス tel:03-6427-5901
ジルサンダージャパン 0120-919-256(フリーダイヤル)
ドリス ヴァン ノッテン tel:03-6820-8104
ビオトープ tel:03-3444-2421
ミキモト カスタマーズ・サービスセンター 0120-868-254(フリーダイヤル)
ジャンヌ・バレ tel:03-3464-7612
コロネット tel:03-5216-6518
ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店 tel:03-5708-5631

【関連記事】
映画のヒロインみたいなナイトウエア。
きっと、ずっと、好きなもの。
いまも10年後も着続けたい、愛すべき服。
スタイリストのスタイル塾
ポップな色と柄を味方に。by 鈴木みちえ

*『フィガロジャポン』2020年6月号より抜粋

※この記事に記載している価格は、標準税率10%の税込価格です。

photos : YUTO KUDO, stylisme : CHIAKI UTSUNOMIYA , coiffure : TAEKO SUDA, maquillage : RYOKI SHIMONAGATA

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories