ファッション新時代のニューワード辞典/ 2021年春夏 春夏おしゃれは、心地良さがキーワードに。

Fashion 2021.04.25

2021年春夏コレクションでは、優しい質感や素肌など、どこかリラックス感あふれるキーワードがあふれた。注目のキーワード別に気になる最新ルックをチェック。

Nostalgic Texture 
懐かしい質感 ]

家族と過ごした時間のように、 優しい生地に包まれたい。

フェンディのテーマは「思い出のパッチワーク」。シルヴィア・フェンディは、ロックダウン中にロー マの生家で家族と過ごしたことで、子ども時代の記憶を辿り、花柄のリネンや刺繍入りのチュールにフォーカス。トリー バーチはハンドメイドにまつわる思い出をキルトや小花柄のドレスで表現した。

Fendi2103xx-nostalgictexture-4.jpg

木々や飛び立つ鳥など、窓の景色を映し出したショー会場。

2103xx-nostalgictexture-3.jpg

レースのハンカチのようなバッグを手に。

Ermanno Scervino2103xx-nostalgictexture-1.jpg

白いレースドレスにタフなブーツを合わせてアンビバレントに。

Mame Kurogouchi2103xx-nostalgictexture-6.jpg

マメ クロゴウチはウィンドウがテーマ。風をはらんで広がるレースカーテンのようなドレスが誕生。

Tory Burch2103xx-nostalgictexture-5.jpg

小花柄のティアードドレスが懐かしいムード。

 Valentino2103xx-nostalgictexture-2.jpg

クラフトとクチュールが融合したヴァレンティノ。かぎ編みニットのドレスに可憐な花のコサージュが咲いて。

---fadeinpager---

 Skinship 
スキンシップ ]

人肌への恋しさが表れたスキンウエア。

ソーシャルディスタンスが社会のルールとなったいま、スキンシップへの渇望からか、肌そのものを主役にしたスタイルが登場。エルメスは、肌の延長線上のようなボディスーツや、 全身ベージュのヌーディなルックを提案。ドリス ヴァン ノッテンは、背中を見せて陽射しに映えるサマールックを発信。溌剌としたスポーツガールを表現したミュウミュウは、ティーンエイジャーの素肌のようなピュアなメイクアップを披露した。

Hermès

2103xx-skinship-6.jpg

上質なディアスキン(鹿革)でまとめたコーデに素朴なサボがマッチ。©Filippo Fior 

2103xx-skinship-5.jpg

テラコッタ色のボディスーツとグロッシーなラムスキンのスカートで背中を艶めかしく。©Gaspar Ruiz Lindberg

Miu Miu2103xx-skinship-4.jpg

ライン状にそり落としたような眉にも注目。

Givenchy2103xx-skinship-2.jpg

カットワークをシルバーで縁どりドレスアップ。

Fendi2103xx-skinship-3.jpg

思わず触れたくなる、背中の大きく開いたフェンディのルック。

Nina Ricci2103xx-skinship-1.jpg

ニナ リッチのアイコン、鳩のモチーフのブラウスは、肌を見せて自由に着こなす。

Dries Van Noten2103xx-skinship-6.jpg

波のようなモチーフをロープ使いで表したマリンルック。©Viviane Sassen

---fadeinpager---

Zzz...
安眠 ]

ステイホームしながら、ゆっくりと眠りたい。

外出自粛中、自宅でビーズクッションを使いゲームをしていたというビューティフルピープルのデザイナー熊切秀典。この経験から、閉じ込められた空間で服と家具が一体化したら……と発想。服にビーズを詰め、座るとソファーになるドレスなど、眠りを誘うコレクションが完成した。

Beautiful People2103xx-zzz-1.jpg

ドレスの裾や袖にビーズを詰めて、横たわるとベッドに変身する斬新な一着。ブランドのスペルを刺繍したレース生地はシーツをイメージ。ビーズは詰め替え可。Courtesy of Beautiful People

*「フィガロジャポン」2021年3月号より抜粋

texte : MAKI SHIBATA

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories