Kawakyun 宇野実彩子(AAA)が毎日をともにする、愛を感じるレザーアイテム。

Fashion 2023.01.20

PROMOTION

アーティスト活動のほか、ファッションや美容ブランドのプロデュースも務める宇野実彩子(AAA)さん。彼女がたどり着いた境地に呼応する革アイテムとは。

mt-2022_12_12_革きゅん_AAA宇野様8127.jpg

宇野実彩子(AAA)(アーティスト)

パフォーマンスグループ、AAA(トリプル・エー)のメンバーとして活躍し、現在はソロのアーティストとしても注目を集める宇野実彩子(AAA)さん。36歳のいま“素の自分を見せられるようになってきた”と語る彼女に寄り添うのは、ごくシンプルなレザーアイテムだ。

---fadeinpager---

回り道をしてたどり着いた“素の自分”。

自ら作詞するラブソングやテレビ・雑誌から受ける印象は、キュートで愛らしい女性アーティスト。そんなイメージは、取材が始まると瞬く間に覆された。「悩んだ時はその渦中にはいない。解決しようと思ったら前か後ろに動く」など、経験から導き出された言葉の数々には、凛とした力強さがこもる。今年は4度目のソロツアーを敢行。19歳でデビューし、長いアーティスト活動の中で見えてきたものがある。

「ライブをしていると、人との繋がりを感じるんです。だから“みんな”に向けてというより、もっと密な関係性の中で、ひとりひとりの力になれる音楽を意識していますね。何を伝えたいのか、そこにフォーカスして、人に届く音楽の質に私なりにこだわっています」

mt-RE2022_12_12_革きゅん_AAA宇野様8192.jpg

36歳になり、心境の変化もあった。今年発表されたセカンドアルバムや写真集では、過度な演出や装飾はそぎ落とされ、よりシンプルな歌詞と自然体の表現が目立つ。撮影当日に着こなしたのは、ショート丈のスウェットにデニムという肩の力が抜けたコーディネートだ。

「15年ほど活動してきて、自分を飾ってきたものをようやく落としていいかな、って思うようになりました。最近はファンの方にもようやく大変だとか辛いとか、伝えられるようになりましたね。いろいろなことを経験しながら、めちゃくちゃ回り道しました。でも素の自分でいられるようになるまで、そのくらいの経験と年月が必要だったと思います」

mt-2022_12_12_革きゅん_AAA宇野様8148.jpg

---fadeinpager---

父との二人旅で手に入れた革のコインケース。

アーティストとしての世界観だけではなく、服や食生活、エクササイズについても試行錯誤した結果、自身の核となる部分が見えてきた。愛用するレザーアイテムもそんな彼女の価値観が反映されている。

宇野さんのレザーとの初めての出合いは、小学5年生か6年生の頃だった。「父と二人旅をした時に、レザーで作られたコインケースにひと目惚れして、買ってもらいました。その時に初めて“レザーの味わい”を知りましたね。犬の形をした立体的なコインケースだったのですが、可愛いだけじゃない。レザーってこんなにさまざまな表情があって、柔らかく心地よくて、味わいが出てくるんだって実感しました。当時、どこに行くにも一緒に連れていった記憶があります」

いまも彼女の毎日に寄り添う、お守りのような小さなレザーアイテムがある。いつも持ち歩く白いカードケースは、自身がプロデュースするファッションブランドの製作チームから誕生日に贈られたもの。彼女の好みや価値観をよく知る仲間の思いが込められたアイテムだ。

「何時間もかけて選んでくれたみたいです。鍵を入れていますが、見れば見るほど、使えば使うほど、好きになっていきますね。手にした時から、革ならではの温かみや柔らかさ、自分自身の手になじんで溶け込むような感覚があって、私の日常を想像しながら選んでくれたんだな、と愛情を感じながら使っています」

mtri-2022_12_12_革きゅん_AAA宇野様8162.jpgmt-2022_12_12_革きゅん_AAA宇野様8132.jpg

---fadeinpager---

ともに年を重ねていけるレザーアイテム。

日常的に使うバッグも、キルティング仕様の黒のバッグとキャメルのバッグ。どちらもシンプルな中にレザーの存在感が際立つものだという。

「私は現実的なもの以外は買いたくないタイプです。バッグもベルトも、アクセサリー感覚で使うというより、役割をちゃんと果たしてくれるものが好きですね。どちらも傷が付きにくく型崩れせず、物がしっかり入ります。革は大切に使えば受け継いでいける素材。自分になじませながら年を重ねていけるところもいいなと思います」

コスメやウエア、香水もプロデュースし、来年は全国トークショーツアーにも初挑戦。自身初めてのウェディングソング「celebrate」もリリースしたばかり。優しさと強さを持つレザーアイテムは、自分らしくアーティストとしての道を歩き続ける宇野さんにさりげなく寄り添っている。

「みんなが悩んだり、ぶつかったりする問題って、環境や年齢を問わず、たいてい一緒だなと感じるんです。そんな時に何かしらのヒントや助けになるものを提供したい。服でもメイクグッズでも歌でも、それがあることで日常にちょっとした変化が起きたり、光になったりできたらいいなと思っています。気が付いたらそこにあった、そんな距離感のものを作っていきたいと思います」

mt-2022_12_12_革きゅん_AAA宇野様8130.jpg

宇野実彩子 Misako Uno
1986年東京都生まれ。 2005年に男女混合パフォーマンスグループAAA(トリプル・エー)のメインボーカルとしてデビュー。2018年ソロデビュー。22年4月に2ndアルバム『All AppreciAte』を発表し、ソロになり4度目の全国ツアーを敢行。22年12月23日にCMのタイアップ曲で自身初のウェディングソング「celebrate」をリリース。23年はソロデビュー5周年イヤーを迎え、2月5日J-WAVE主催イベント「J-WAVE A SONG FOR LOVE CONCERT」に出演決定。さらに、初となる全国トークショーツアー「宇野実彩子 TALK SHOW 2023」が全国9地域、18公演で開催決定。また、アーティスト活動と並行して、近年ではコスメブランド「U/CHOO」 ウエアブランド「LAVANDA」のプロデュースも手がける。
https://avex.jp/uno/
Instagram :@misako_uno_aaa

* 日本タンナーズ協会公式ウェブサイト「革きゅん」より転載

天然皮革の魅力を発信する「革きゅん」サイトをチェック!

photography: Asuka Ito styling: Kazuya Mishima (tatanca) hair and makeup: Midori Fukuda (Luana) interview & text: Maki Shibata

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories