いまこそベーシックを再定義する。 2024年版、新ベーシックスタイルのすべて。

Fashion 2024.04.17

シャツにジーンズ、ジャケット。見慣れたアイテムが大胆にデフォルメされ、ツイストを効かせたスタイリングでアップデートされたこの春。新しいデイウエアとともに、新しくてとびきり美しい一日を過ごそう。


240312_redefined_basics_1.jpeg

ジャケット¥1,467,400、ブラウス¥717,200、ショーツ¥244,200、ネックレス¥220,000/以上シャネル(シャネル カスタマーケア)

今コレクションの着想源、南フランスのヴィラ ノアイユにて用いられた幾何学モチーフからのアイデアで、ツイードジャケットには四角いスパンコールがちりばめられて。シアーなシルクのブラウスに、ウエストのリブにダブルCを描いたトランクスを合わせて、メゾンのアイコニックアイテムを新たなマインドで。

---fadeinpager---

240312_redefined_basics_2.jpg

ジャケット¥297,000、シャツ¥133,100、パンツ¥137,500、シューズ¥156,200/以上ロエベ(ロエベ ジャパン クライアントサービス)

アプローチとして求めていたのは新鮮さ。
輪郭に焦点を当て、比率で遊び、プロポーションを刷新する。
遠くから眺め、間近で見つめ、ディテールに目をこらすことで、
シルエットをさらに探求することができたし、新しいプロセスだった
ジョナサン・アンダーソン

「比率で遊び、プロポーションを刷新」。ジョナサン・アンダーソンのステイトメントを体現する、スーパーハイウエストのジーンズを主役にしたスタイリング。ドネガルツイードのジャケットは、前身頃の両サイドの高い位置にスラッシュポケットが施されていて、ジーンズのフォルムと心地よく共鳴する。

---fadeinpager---

240312_redefined_basics_3.jpg

トップ¥134,200、パンツ(参考色、商品はホワイトで展開)¥238,700、ピアス¥149,600、シューズ¥214,500/以上ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)

自由な造形を受け入れること。
つまり、コードのない衣服なのです
マチュー・ブレイジー

厚手のコットンツイルで仕立てたセーラーパンツは、極端に膨らむシルエットがインパクトを放つ。ボリュームのあるボトムスには、ボディにフィットするリブのヘンリーネックを合わせて、見たことのないフォルムを楽しんで。ミントグリーンのポインテッドトウ、ティアドロップ型のピアスでモダンなアティチュードを。

---fadeinpager---

240312_redefined_basics_4.jpg

コート¥1,353,000、トップ¥378,400、パンツ¥397,100、サンダル¥129,800/以上エルメス(エルメスジャポン)

レザーの襟をあしらったコートは、ダブルフェイスのシルクカシミア。パンツはウールモヘアで、いずれも最上級の感触が身体を包み込む。アシメトリーなカッティングが施されたトップを中に着て、足元はトングサンダルで肌を少しだけ見せ、大人のベーシックをフレッシュに刷新する。

---fadeinpager---

240312_redefined_basics_5.jpg

カーディガン¥264,000、シャツ¥616,000、パンツ¥203,500、ベルト¥91,000、ソックス(参考商品)、シューズ(参考色、商品はブラウンで展開)¥165,000(すべて予定価格)/以上プラダ(プラダ クライアントサービス)

具体性、身体性、現実性に立ち返ること。
私たちは自分たちの仕事を最大限に全うし、
美しいものを、今日のために作ろうと考えました
ミウッチャ・プラダ

方向性を変えたり推し進めたりしながら、
認識されているアイデア、テクニック、素材を、
従来とは異なる形で使い、
常識を覆す方法でアプローチした
ラフ・シモンズ

プレーンなカーディガンとコットンシャツを、マイクロミニのショートパンツにウエストイン。シャツのハトメ飾り、長く垂れ下がるベルトなど、ピリリと効かせた辛口のアクセントに宿るモダニティ。「常識を覆す方法でのアプローチ」がモードを進化させる。

---fadeinpager---

240312_redefined_basics_6.jpg

シャツ¥336,600(予定価格)/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス) タイツ/スタイリスト私物

一見シンプルなストライプのシャツには、LとVの文字をカラフルに彩った刺繍や手書き風のブランドネーム、モノグラム・パターンのカフスボタンなど、ウィットに富んだ飾りがちりばめられて。大きめの襟やカフスはほんのりレトロで、グラフィカルなパターンとの融合によって新たな空気感を纏った一枚が生み出される。

---fadeinpager---

240312_redefined_basics_7.jpg

コート¥301,400、ブラトップ¥41,800、スカート¥149,600、中にはいたショーツ¥61,600、ソックス¥33,000、シューズ¥135,300/以上ドリス ヴァン ノッテン

見たことのない、ありふれたもの。
伝統の概念について再考し、新たなエネルギーを吹き込む。
相反する感性。混在する対照的なアイデアがもたらすテンションを探求し、
自然に生まれる自由な発想を表現した
ドリス・ヴァン・ノッテン

ラグビーシャツがコートに! チェッカーフラッグ柄のブラトップ、スパンコールが煌めくスカートのウエストからショーツを覗かせた、アイデアいっぱいのスタイリングにも心躍る。「見たことのない、ありふれたもの」を提示したドリス ヴァン ノッテンが紡ぐ世界に身を委ねて。

---fadeinpager---

240312_redefined_basics_8.jpg

シャツドレス¥720,500、スカート¥148,500/ともにヴァレンティノ(ヴァレンティノ インフォメーションデスク)

オーバーサイズの白いコットンシャツからのぞく、ワッフル調の素材で作られた立体的な花。「アルトリリエーヴォ」と名付けられた技法による、浮き彫りのような花を繋げたパーツはデタッチャブル。透ける素肌をアクセサリーに、ベーシックなシャツにもたらされた豊潤な物語を。

---fadeinpager---

240312_redefined_basics_9.jpg

ジャケット¥434,500、スカート¥396,000、ソックス¥20,900、シューズ¥159,500(すべて予定価格)/以上セリーヌ バイ エディ・スリマン シャツ、タイ(ともに参考商品)/ともにセリーヌ オム バイ エディ・スリマン(以上セリーヌ ジャパン)

アンドロジナスなテーラリングを追求し続けるエディ・スリマン。ピンストライプのジャケットはスクエアショルダーで、ウルトラマイクロミニのレザースカートとのコントラストもフレッシュ。春のトムボーイ、ここに現る。

---fadeinpager---

240312_redefined_basics_10.jpg

ジャケット¥341,000、パンツ¥231,000、グローブ¥214,500、イヤリング¥159,500、ネックレス¥148,500、バングル上から¥198,000、¥126,500/以上サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(サンローラン クライアントサービス)

厚地のコットンで仕立てたウエアラブルなワークジャケットに、ストレートシルエットのパンツをセットアップ。サンローランらしいエレガンスはそのままに、メゾンの根幹を成すメンズ由来のモードがアップデートされて。

---fadeinpager---

240312_redefined_basics_11.jpg

コート¥614,900、パーカ¥493,900、パンツ¥218,900、サンダル¥181,500/以上ザ・ロウ(ザ・ロウ・ジャパン)

ウェルネスやテックウエアを、ザ・ロウらしい知的な解釈で提案した今シーズン。アイコンであるテーラードの中に重ねたのはポンチョ風のナイロンコート、足元にはまるでホテルスリッパのようなジャカードのサンダルを合わせて。上質な素材と仕立てのよさが相まって、ラグジュアリーな大人のデイウエアが誕生する。

●問い合わせ先:

シャネル カスタマーケア
0120-525-519(フリーダイヤル)
www.chanel.com

ロエベ ジャパン クライアントサービス
tel:03-6215-6116
www.loewe.com

ボッテガ・ヴェネタ ジャパン
0120-60-1966(フリーダイヤル)
www.bottegaveneta.com

エルメスジャポン
tel:03-3569-3300
www.hermes.com

プラダ クライアントサービス
0120-45-1913(フリーダイヤル)
www.prada.com

ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854(フリーダイヤル)
https://jp.louisvuitton.com

ドリス ヴァン ノッテン
tel:03-6820-8104
www.driesvannoten.com

ヴァレンティノ インフォメーションデスク
tel:03-6384-3512
www.valentino.com

セリーヌ ジャパン
tel:03-5414-1401
www.celine.com

サンローラン クライアントサービス
0120-95-2746(フリーダイヤル)
www.ysl.com

ザ・ロウ・ジャパン
tel:03-4400-2656
www.therow.com

 

*「フィガロジャポン」2024年4月号より抜粋

photography: Hiroko Matsubara styling: Tamao Iida  hair: Koichi Nishimura(VOW-VOW) makeup: Masayo Tsuda(mod’s hair) editing: Kayori Morita

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

フィガロワインクラブ
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
世界は愉快

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories