いまも10年後も着続けたい、愛すべき服。

【10年後も着続けたい】セシリエ・バンセンのスーツ。

特集

愛おしみながら、大切に着続けたい服に共通するのは、スタイルのある服。いまも10年後も着続けたい服を、コーディネートとともに10日間にわたりご紹介していきます。5日目は――

ITEM:セシリエ・バンセンのスーツ

200410-cut12_001.jpg

200410-cut11_004.jpg

夢のある服を、デイリーウエアに。
フェミニンなドレスで2015年のスタート以来、多くの女性たちを虜にしてきた、デンマーク・コペンハーゲン生まれのセシリエ・バンセン。今シーズン初めて登場したのはスーツ。これまでのドレスに見られる構築的なシルエットは、透け感のある生地を二重にして仕立てることで表現。ふわりと軽く、空気を纏うような心地よさを叶えている。淡いピンク色のジャケットは、直接肌に重ねればどこか幻想的な雰囲気に。好きな色のボトムスを重ねれば、フューチャリスティックなコーディネートも楽しめる。永遠なるロマンティックなものへの想いを繊細な生地に重ね、愛し続けていきたい逸品だ。

ジャケット¥225,500、パンツ¥160,600/ともにセシリエ・バンセン(ドーバー ストリート マーケット ギンザ) ハーフパンツ¥80,300/ジャクムス(リステア) サンダル¥100,100/ジャンヴィト ロッシ(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

200408-cut-03.gif

●問い合わせ先:
ドーバー ストリート マーケット ギンザ(セシリエ・バンセン) tel:03-6228-5080 
ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) tel:03-3403-5564 www.gianvitorossi.com
リステア(ジャクムス) tel:03-5413-3708  www.restir.com

ほかのアイテムをチェック! INDEXへ戻る。

※この記事に記載している価格は、標準税率10%の税込価格です。

photos : SODAI YOKOYAMA, stylisme : TOMOKO KOJIMA, coiffure et maquillage : SHINYA KAWAMURA (mod’s hair)

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。