いまも10年後も着続けたい、愛すべき服。

【10年後も着続けたい】ガブリエラ コール ガーメンツのブラウス。

特集

愛おしみながら、大切に着続けたい服に共通するのは、スタイルのある服。10年後も人生をともにしたいアイテムを、コーディネートとともに10日間にわたりご紹介していきます。9日目は――

ITEM:ガブリエラ コール ガーメンツのブラウス

200410-cut18_010.jpg

「ベーシック」に収まらないウエア。
クラシカルなムードのシャツやジャケットから、袖や襟などをなくして、ディテールにこだわり仕上げることで、着実にファンを増やしている「ガブリエラ コール ガーメンツ」。スペインと地中海という2つのカルチャーのバックグラウンドを持つデザイナーは、毎シーズン変わらないスタイルをキープしながら、新たなワードローブを追求。夏や冬といった季節にとらわれないコレクション作りは、着こなしの可能性を広げてくれる。裾や袖が切りっぱなしのノースリーブのブラウスは、ワンピースに重ねたり冬はニットに重ねたり。季節や年を重ねるたびにスタイリングの変化を探求していきたい。

ブラウス¥53,900/ガブリエラ コール ガーメンツ(アデライデ) シャツドレス¥99,000/コー(イーストランド) タイツ¥1,320/タビオ ブーツ¥143,000/ジャンヴィト ロッシ(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

200408-cut-06.gif

●問い合わせ先:
アデライデ(ガブリエラ コール ガーメンツ) tel:03-5474-0157  www.adelaide-addition.com
イーストランド(コー) tel:03-6712-6777
ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) tel:03-3403-5564 www.gianvitorossi.com
タビオ tel:03-6419-7676  www.tabio.com

ほかのアイテムをチェック! INDEXへ戻る。

※この記事に記載している価格は、標準税率10%の税込価格です。

photos : SODAI YOKOYAMA, stylisme : TOMOKO KOJIMA, coiffure et maquillage : SHINYA KAWAMURA (mod’s hair)

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。