Vacheron-constantin ヴァシュロン・コンスタンタンとメトロポリタン美術館がタッグ。

Watches 2023.10.06

PROMOTION

「誰もすべてを知り得ることはできない」――これは古代ギリシアの詩人、エウリピデスの言葉だが、知識の共有と継承はのちの世代にとって貴重な価値となる。1755年に創業し、機械式時計の最高峰としてその名を轟かせているヴァシュロン・コンスタンタンが、ニューヨークのメトロポリタン美術館(以下メット)とパートナーシップを結んだ。これにより、芸術と知識、技巧を保護し、讃えるという両者の共通理念に基づいて、多彩な活動が展開されることになる。

231002_The-Met-Fifth-Ave,-Carroll-and-Milton-Petrie-European-Sculpture_©Brett-Beyer_Courtesy-of-The-Met.jpg

世界の美術館の来場者ランキングで常に上位に入るメトロポリタン美術館。

熟練の時計職人だったジャン=マルク・ヴァシュロンは、自ら培ってきた技を後世に伝えていく意思を明確にするため、初めて見習い職人との徒弟契約書に署名した。これにより世界最古のマニュファクチュールが誕生。創業以来一度もその系譜を絶やさず、また第三者に経営を譲ることなく現在まで歩み続けている。

現CEOのルイ・フェルラはこう語る。「ヴァシュロン・コンスタンタンは過去と同様、今日も時計技師や職人、将来を担う見習い職人を大切にすることに力を注いでいます。現在にまで受け継がれているビスポークシリーズ『レ・キャビノティエ』は、2世紀半の長きにわたって培われた知識、技巧、伝統の賜物。卓越生の追求とは、無限に学ぶ可能性のある分野においてこそ、繰り返し自問されるべきです」

231002_Louis_Ferla_Max_Hollein_©Paula-Lobo_The-Metropolitan-Museum-of-Art_1.jpg

ヴァシュロン・コンスタンタンCEOのルイ・フェルラ(左)と、メトロポリタン美術館CEOのマックス・ホライン(右)。

今回のメットとのパートナーシップは、メゾンの長年にわたるアメリカとの歴史的なつながり、この国の文化的、芸術的な愛着と専門技術の保存への関心から始まった。市民団体の寄付によって1870年に創立されたメットは5,000年に及ぶ膨大な美術史の中から数万点もの作品を展示。世界屈指の美術館として人気を博しているが、この美術館がユニークなのは、誰もが芸術に親しめるよう教育プログラムやメンターシップに熱心に取り組んでいる点だ。これらのプログラムにはワークショップ、芸術創作の体験、美術館のガイド付き見学、進学と研究のための奨学金、キャリアへのアクセスを促進するための高校や大学でのインターンシップ、障がいのある来館者のアクセスプログラムなどが盛り込まれている。

231002_The-Met-Fifth-Avenue_The-Temple-of-Dendur__©Courtesy-of-The-Met.jpg

館内では、時空を超えた人間の美に対する営みが感じられる。

「権威あるメトロポリタン美術館とパートナーシップを結ぶことで、私たちは知識の伝承と、芸術の保護という共通の使命に向かうことができます。わがメゾンの芸術と文化への取り組みは、尽きることのないインスピレーションの源となり、全てのタイムピースにおいて美を創造し、表現することへとつながります。メゾンとアメリカのつながりは2世紀前にさかのぼります。『アメリカン1921』に象徴される、最も美しいタイムピースの数々は、アメリカのコレクターと顧客のために製作されました。今回のパートナーシップはアメリカの文化的、芸術的な敬愛と専門技術の保持へのリスペクトなのです」とルイ・フェルラは続ける。

231002_Manufacture-Vacheron-Constantin-Copyright-©Maud-Guye-Vuillème-1.jpg

ヴァシュロン・コンスタンタンの工房にて。熟練の職人たちが日々切磋琢磨している。

ヴァシュロン・コンスタンタンでは才能あふれるアーティストたちとコラボレーションする“One of Not Many Mentorship Program”が考案された。その一例を挙げると、若い音楽家たちが音楽制作の専門家や世界的に有名なアーティスティック・ディレクターであり音楽家のウッドキッドによるサポートを受けられたり、ニューヨークシティバレエ団のプリンシパル、チュン・ウェイ・チャンの支援で、有望な若者たちへ芸術と技術を伝授しています。さらに教育やアーティスト・イン・レジデンスの分野にも力を入れる予定で、特別なイベントも計画されている。

絶え間なく学ぶ姿勢と芸術・技術といった人類の遺産を次世代につなぐ両者の取り組みに注目していきたい。

公式サイトはこちら

●問い合わせ先:
ヴァシュロン・コンスタンタン
0120-63-1755(フリーダイヤル)

text: Junko Kubodera

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest
フィガロワインクラブ
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
世界は愉快

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories