女性にうれしい新感覚の焼肉へ。#04

化学調味料に頼らず引き出す、肉の旨味を味わおう。

特集

自然派ワインやクラフトビールとのペアリングも提案する、サイドメニューも充実の焼肉店。

听屋焼肉 学芸大学 | 学芸大学

メニューを開けば、焼肉もここまできたか、と唸ってしまう。料理はすべて化学調味料不使用、赤身はシンプルに塩や自家製のタレ、ホルモンなどは自家製の塩麹や味噌麹を使い、日本人に親しみのある旨味を補って肉の味を引き出す。それぞれ、白ワイン、赤ワインを加えているのでお酒との相性はさらによく、クラフトビールも含めたペアリングのコースまで誕生した。サイドメニューも充実し、ひとりでも、大勢でも通いたくなる一店だ。

niku-poundya-01-180810.jpg

「听屋焼肉弁当」黒毛和牛の赤身と霜降りを盛り合わせ。ハーフポンド(250g)¥4,860と「いろいろ副菜弁当セット」¥756 

Pound-YA Yakiniku Gakugei Daigaku | ポンヤヤキニク ガクゲイダイガク
東京都目黒区鷹番3-8-11
tel:03-6451-0732
営)17時~翌2時30分L.O.(月~金)
11時30分~翌2時30分L.O.(土)
11時30分~22時30分L.O.(日、祝)
休)無休
予約したほうがいい
http://pound-ya-yakiniku.com

*『フィガロジャポン』2018年8月号より抜粋

photo : MIDORI YAMASHITA, réalisation : MEI HOJO

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。