things to do 2019

グローバルな視点を加えて進化した、日本の食材。

特集

緑茶や米といった日本を代表する食材が、外国人クリエイターのフィルターを通してユニークに進化。味も確かな逸品で、食卓にアクセントを添えたい。

1.ビール

190321-ttd2019-fm-02.jpg

ふたりのニューヨーカーと日本人男性が、日本でビール事業をスタート。市販は一切せず、フロリレージュや銀座うち山、西麻布 拓など一流レストランでのみ提供。ワイングラスで飲むホワイトビールは、フルーティな香りと爽やかな飲み口。ロココ・トー キョー・ホワイト/メゾン・ロココ

---fadeinpager---

2.緑茶

190321-ttd2019-fm-01.jpg

日本茶インストラクターとして世界中を飛び回る、スウェーデン出身のブレケル・オスカル。彼のこだわりはシングルオリジン。単一品種&単一茶園ならではの香りと旨味を楽しんで。オスカルブレケル ティーセレクション、左から、ザ ファースト¥3,250、ミスティ マウンテン¥2,300、ラブ アット ファースト シップ¥1,900/以上イットコーヒー

---fadeinpager---

3.醤油

190321-ttd2019-fm-03.jpg

丸の内に誕生したピエール・エルメによる日本に特化したエピスリー。こちらは、醤油のセレクトショップ、職人醤油とコラボレーション。左から、薄口醤油 淡紫¥540、濃口醤油 百寿¥432/ともにMade in ピエール・ エルメ 丸の内

---fadeinpager---

4.海苔

190321-ttd2019-fm-04.jpg

エルメが注目したのは、有明海で獲れた海苔を使った塩のり。江の浦海苔本舗とタッグを組み、塩をまぶした逸品は、さらりとした菜種油とマッチする。塩のり¥648/Made in ピエール・エルメ 丸の内

---fadeinpager---

5.米

190321-ttd2019-fm-05.jpg

ブレンドに着目した2種の米。 墨田区で古式精米製法にこだわる隅田屋商店とエルメがプロデュースし、和風と洋風の2種を展開。エピスリーで提供するお弁当にも使われている。左から、オリジナルブレンド米 和風、洋風各¥1,512/ともにMade in ピエール・エルメ 丸の内

●問い合わせ先:
メゾン・ロココ info@maisonrococo.com
イットコーヒー tel:03-6455-3390
Made in ピエール・エルメ 丸の内 tel:03-3215-6622

※『フィガロジャポン』2019年3月号より抜粋

photos : JOHN CHAN

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。