Ruinart

シャンパーニュと自然が生んだ、特別なアート。

特集

Promotion

19世紀からアートを支援し続けているルイナール。シルリーのブドウ畑とシャンパーニュ造りからインスピレーションを得たヴィック・ムニーズとメゾン ルイナールのコラボレーション作品が、京都で公開された。

01-ruinart-190520.jpg

『FlowDiptych』はふたつの作品を並べて。

 創業1729年。最も歴史の長いシャンパーニュメゾンであるルイナールは、19世紀末、アルフォンス・ミュシャに広告を依頼して以来、アートと特別な関係を結んできた。いまでは毎年世界30カ国以上のアートフェアに協賛。毎年ランスにその年のコラボレーションアーティストを招待し、彼らのビジョンを通して、ブランドの伝統、歴史、サヴォアフェールを発信している。今年の招待アーティストは、映画『ごみアートの奇跡』でも知られるヴィック・ムニーズだ。

 ランスに滞在し、シルリーの畑で「厳しい気候と闘うことでブドウは最高の果実となる」というルイナール最高醸造責任者フレデリック・パナイオティスの言葉に触発されたムニーズ。「ブドウ畑は自然と人のコラボレーション」の意を得て生まれたのは、動画『Chardonnay Leaf』と写真作品『Flow』シリーズだ。ゴミや砂糖など、さまざまな素材で作品を制作し、環境や難民問題を提起してきたが、長い間取り上げたかった木というテーマに、初めて取り組んだ。

木だった素材で“木を描く。

「大事なのはプロセス。写真も必ず制作プロセスを想起させる素材を使います」。『Chardonnay Leaf』では、醸造カーヴであるクレイエルを舞台に、ブドウ畑で集めた枝や葉で巨大なシャルドネの葉を作り上げた。また、「日系の教師に木のデッサンの授業を受けた時、彼女は舞踏を思わせるジェスチャーを交えて木を語った。以降、木の姿を“流れ”と捉えた」と言う彼がブドウの株を描いたのが『Flow』シリーズ。ここでは、枝や樹皮、燃やした後の炭など、かつて木であった素材でブドウの株を表現。厳しい気候に立ち向かうその姿には、生命のサイクル、世の中の成り立ちをも思わせる力が満ちている。

 これらの作品は、京都国際写真祭で日本初公開されたばかり。今後も海外のアートフェアなどで公開予定だ。ルイナールとアートの特別な関係は、これからも続く。

02-ruinart-190520.jpg

左:会場は祇園のアスフォデル。
右:『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2019』で展示された、制作風景。

03-ruinart-190520.jpg

動画作品『Chardonnay Leaf』では、ガリアローマ時代の石切り場跡クレイエルにシャルドネの葉を再現。動画はwww.ruinart.com/en-uk/art/artistic-collaborations/vik-munizにて公開。

04-ruinart-190520.jpg

会場には、ルイナール アート バーを併設。

05-ruinart-190520.jpg

左:『Chardonnay Leaf』の舞台でもあるクレイエルにて、3月、作品完成を祝うパーティが行われた。
右:『Chardonnay Leaf』の制作風景。シャルドネの葉や枝が巨大な葉をかたちづくる。

06-ruinart-190520.jpg

ヴィック・ムニーズ
Vik Muniz
1961年、サンパウロ生まれ。さまざまな素材で構成したイメージを写真にし、問題提起を続けるアーティスト。映画『ごみアートの奇跡』が世界的に話題に。

09-ruinart-190520.jpg

シャルドネの気品香る、高貴なシャンパーニュ。

シャルドネ種だけを使用したシャンパーニュは、メゾンを代表する一本。「ルイナール ブラン・ド・ブラン」750㎖ ¥11,448/MHD モエ ヘネシー ディアジオ

●問い合わせ先:
MHD モエ ヘネシー ディアジオ
tel:03-5217-9736
www.mhdkk.com/brands/ruinart

●お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。お酒は楽しく適量を。

réalisation : MASAE TAKATA (PARIS OFFICE)

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。