もっと楽しく! 進化する東京エスニック。

ベトナムの家庭料理が、和と出合ったら。

特集

バブバル|根津

「ベトナムの家庭料理をアレンジして出しています」と、ベトナム人の両親を持つ青山和樹オーナー。幼い頃から親しんできた母の味をベースに、和食やフレンチなどさまざまな料理を経験してきた自らの感性を加味したメニューは、和とベトナムが自然に融合。たとえばキャットフィッシュは昆布締めにして、余分な水分を抜くとともに旨味を強く。ヌクチャム仕立てのタルタルソースで仕上げるといったあんばいだ。昆布出汁で深味を増したスープが美味なフォーも特筆もの。

2002xx-tokyo-ethnic-156-11.jpg

手前は「昆布締めキャットフィッシュの蒸し焼き」¥1,100。大胆に茹で卵を潰して作るタルタルソースはベトナム家庭の定番の味。奥は「茹で豚とカレーのソース」¥770。お酒は「ULALA」(グラス¥1,210)など日本酒もある。

2002xx-tokyo-ethnic-156-13.jpg

「鶏のフォー」¥1,100。低温調理で仕上げた鶏肉はしっとり柔らか。茹で方にひと工夫した麺はもちもちの食感も上々。

2002xx-tokyo-ethnic-156-12.jpg

路地裏に立つ隠れ家的な一軒。

バブバル|Babu-Bal
東京都文京区根津1-1-19 シティハイツ根津1F
tel:03-5834-7578
営)11時30分~14時30分L.O.、17時30分~22時30分L.O.(月、水~金) 12時~14時30分L.O.、17時30分~22時30分L.O.(土、日、祝)
休)火、年末年始 ※ほか不定休あり
http://babuscango.wixsite.com/mysite-1

*「フィガロジャポン」2020年2月号より抜粋

※記事内の価格は、標準税率10%の消費税を含んだ価格です。
※店によって、別途サービス料がかかる場合があります。

photos:HIROYUKI ONO, texte:KEIKO MORIWAKI

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。