今日のプチデジュネ、デジュネ、ディネ。#06

手に入る旬の食材を生かした、「ステイホーム」な食卓。

特集

外出自粛が続き、誰もがおうちご飯を作る機会が増えているはず。
料理上手なあの人は、どんなおうちご飯を作っている? フィガロでおなじみの料理家やフードコーディネーター、フードライターたちが、とある1日のプチデジュネ(朝食)、デジュネ(昼食)、ディネ(夕食)を紹介します。今回は、料理家でありフランス料理やフランス菓子、フランス語圏の人向けの日本料理教室を主宰する秋田志保さん。


写真・文/秋田志保(料理家)

「ステイホーム」生活前は、メニューを決めて材料を購入することも多かったですが、いまは買い物もなるべく手早く済ませたいので、メニューを考えずに地元の市場やお店で、その時おいしそうな旬のものをさっと買って、数日間はあるものや材料を使いまわしてメニューを考えるスタイルになりました。ある中で考えると、不思議といつもとは違ったアイデアや新しい料理が生まれます。外出できないので、食卓で季節を感じられるよう、旬のものをたくさん取り入れるように。

petit déjeuner

200510_petit_dejeuner_shiho_akita_01.jpg

朝食はある程度毎日同じもののほうが落ち着くので、あまり変えないようにしています。最近は全粒粉のガレットがお気に入りです。その日の体調や、その時にあるものをトッピングしていただきます。ガレット生地は3日分くらい作り置きができるので便利。この日は軽く済ませたかったので、焼いたガレットにレモンのハチミツ漬けを添えただけ。レモンのハチミツ漬けは、ほかにも炭酸で割ってレモネードにしたり、お湯で割ったりしていただいています。レタスにはブルーチーズとクルミをパラパラと散らし、オリーブオイルをかけて。

---fadeinpager---

déjeuner

200510_petit_dejeuner_shiho_akita_02.jpg

在宅勤務になり、家族も私も家で昼食をとりますが、お互いの仕事のタイミングによって、自分のペースで好きな時間に食べられるよう、冷めてもおいしいものや、温め直しても味が変わらないものを作ることが多いです。今回はある材料で、時間をかけずにさっと作れるものを取り合わせました。
手前は左から、赤米入りご飯に梅肉とちりめんじゃこ、青じそを入れたおにぎり。余っていたタラの芽を天ぷらにして金山寺味噌をのせ、天むす風に。ほかには左から時計回りに、新タケノコとシラタキのタラコ炒め、温泉卵、クレソンの塩昆布和え、鮭の粕漬け焼き、そして中央はぬか漬け。
ぬか漬けは自粛生活が始まってから再開しました。余った野菜も漬けられるので、冷蔵庫の片付けにも重宝しています。余った野菜はぬか漬けか、洋・中のピクルスにするのがおすすめ。

---fadeinpager---

dîner

200510_petit_dejeuner_shiho_akita_03.jpg

夕飯にはほとんど炭水化物をとりません。この日はシャルドネに合う料理を数種類。奥から、春キャベツとサバ缶のブリック(チュニジア風包み揚げ)、鯛とフランボワーズ、パクチーのマリネ、ソラマメのドライトマト和え、そして薄切りのパンに市販のフォアグラのパテとタマネギの赤ワインジャムをのせたもの。タマネギを赤ワインとスパイスで煮たジャムはオムレツに入れたり、買ってきたパテに添えたりとアレンジ豊富です。

■タマネギの赤ワインジャム

材料
タマネギ 500g
グラニュー糖 200g
赤ワイン 200ml
レモン汁 大さじ2
ローリエ 1枚
シナモンスティック 1本
クローブ 2個
カルダモン 1個

作り方
1. タマネギは繊維と垂直に3㎜幅に切る。
2. 厚手の鍋にタマネギと残りの材料をすべて入れ、1時間ほど置く。
3. 中火弱で煮汁がほとんどなくなるまで煮つめる。
4. 煮沸消毒した密閉容器に入れ保存する。(冷蔵庫で3週間ほど保存可)

秋田志保 Shiho Akita
料理家。料理・フランス菓子教室「L’atelier de Shiho」主宰。企業向けレシピ開発、雑誌などメディアでのレシピ提案やスタイリングに携わる。企業の料理講座などでフランス料理・フランス菓子講座も持つ。日本在住のフランス語圏の人に向けた日本料理教室も開催。
www.shiho-akita.com
Intagram: @latelier_de_shiho

【関連記事】
今日のプチデジュネ、デジュネ、ディネ。INDEX
手軽なのに至福の味! バターと生クリームのレシピ。

photos et texte : SHIHO AKITA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。