家庭料理のレシピで、おいしい世界一周。

ハーブたっぷりのラオス料理は、ビールといっしょに。

特集

料理研究家の平野由希子さんに教えてもらった世界の家庭料理。ミントやバジルを使ったラオス料理は、ご飯はもちろんビールにもぴったり! 自宅で旅気分を味わいたい。


LAOSラオス

タイ東北部、イサーンとも通ずるラオス料理。味の決め手であるカオクアから手作りして、現地の味に近づけたい。

laos-01-Recipes_AROUND-THE-WORLD-200930.jpg

山々に囲まれた内陸の国ラオスには、バジルやミントなどハーブを使った料理がいっぱい。ラープはその代表格。ライムを搾って、より爽やかに。おともは竹カゴ、ティップカオに詰めた餅米。のんべえには軽やかな現地のビールをどうぞ。
H.P.Eのラオスの黒タイ族の布¥2,200/月日荘 餅米入れ容器ティップカオ¥440 、グラスに差したステンレスのカトラリーセット¥220/ともにラフエイジア その他/スタイリスト私物


ラープ


材料(2人分)

豚挽き肉 150g
赤玉ネギ 1/6個
香菜 1茎
青ネギ 2本
ミントひとつかみ 1かけ
ニンニク  1かけ
ショウガ 1かけ


-カオクア-
米 20g
コブミカンの葉 1枚
レモングラスの根元 3cm
※なければ米だけでも可。


-A-
ナンプラー 大さじ1
ライムのしぼり汁 大さじ1
砂糖 小さじ1
レッドペッパー適量

作り方

  1. カオクアを作る。フライパンに米、軸を取って刻んだコブミカンの葉、小口切りにしたレモングラスの根元を入れて、中火で米がキツネ色になるまでじっくり炒める。5〜10分炒め、米が香ばしくなり、ハーブが乾いたら厚手の袋などに入れ、その上から麺棒などで潰す。
  2. 鍋に水大さじ(2分量外)を入れて煮立ったら、豚挽き肉、すりおろしたニンニクとショウガを入れて中火で炒める。豚肉の色が変わり水気が鍋の底に大さじ1〜2程度溜まっている状態になったら、1のカオクアを加え混ぜる 。
  3. Aを加え、薄切りにした赤玉ネギ、粗みじん切りにした香菜、小口切りにした青ネギ、粗みじん切りにしたミントを加え混ぜる。うつわに盛り、飾り用のミント(分量外)をのせる。

※カオクアは冷蔵で約2週間、冷凍で約2カ月保存ができるので、まとめて作っておくと便利。使用の際は、炒り直すと香ばしくなる。

laos-02-Recipes_AROUND-THE-WORLD-200930.jpg

原材料に米を使うことで、ほのかに甘味のある飲みやすい味に。「ビアラオ ラガー」330ml ¥300(編集部調べ)/寮都産業

●問い合わせ先:
月日荘
 tel:052-841-4418
www.tukihiso.com

ラフエイジア
 tel:072-777-0539
www.roughasia.com

寮都産業
 tel:03-3974-0719
https://lieutou.co.jp

*『フィガロジャポン』2020年8月号より抜粋

【関連記事】
「家庭料理のレシピで、おいしい世界一周」一覧へ。

photos : AKEMI KUROSAKA (STUH), stylisme : YUMI NAKATA, recettes et cuisine : YUKIKO HIRANO, collaboration : AWABEES, UTUWA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。