映画『オールド・フォックス 11歳の選択』監督来日&門脇麦トーク試写会へ15組30名をご招待!

Present 2024.04.09

台湾映画の巨匠・侯孝賢(ホウ・シャオシェン)プロデュース、2023年の第60回台北金馬映画祭で4冠を達成した台湾・日本合作映画『オールド・フォックス 11歳の選択』が、6月14日(金)より全国で公開される。これに先駆けて、本作の監督、シャオ・ヤーチュエンと出演者である門脇麦をゲストに迎える特別試写会を開催! 15組30名様をご招待します。


舞台はバブル期の到来を迎えた1989年の台湾。台北郊外に父と二人で暮らす主人公のリャオジエは、コツコツと倹約しながら、いつか自分たちの家と店を手に入れることを夢見ている。ある日、リャオジエは"老獪なキツネ(オールド・フォックス)"と呼ばれる地主・シャと出会う。優しくて誠実な父とは真逆で、生き抜くためには他人なんか関係ないと言い放つシャ。バブルで不動産の価格が高騰し、父子の夢が遠のいていくのを目の当たりにし、リャオジエの心は揺らぎ始める――

trim_OldFox_main.jpg

本作では、日本から門脇麦がリャオジエの父、リャオタイライの幼馴染のヤンジュンメイ役として出演。経済的には恵まれているが空虚な日々を生きる人妻を演じ、初の台湾映画出演を果たした。
監督のシャオ・ヤーチュエンは、台湾ニューシネマの旗手・侯孝賢(ホウ・シャオシェン)の作品の助監督を務めてきた人物。侯孝賢はこれまでのシャオ・ヤーチュエン監督作全てのプロデュースを務めており、昨年10月に引退を発表。本作は最後のプロデュース作となる。

門脇麦.jpg

『オールド・フォックス 11歳の選択』試写会
【開催日時】4月17日(水)18時30分開演(上映時間112分)※舞台挨拶後に上映、20時52分終了予定
【開催場所】丸の内 TOEI①(東京都中央区銀座3-2-17)
【ゲスト】門脇麦(ヤンジュンメイ役)、シャオ・ヤーチュエン監督
【当選数】15組30名様
【参加条件】フィガロジャポンのメンバーシップ「メゾンフィガロ」に会員登録をされた方限定。詳しくはこちら
【お申込み方法】ページ下の「応募はこちら」からご応募ください。
【応募締め切り】2024年4月12日(金)17時00分 
【注意事項】
●当選者の発表は厳正なる抽選のうえ、メールによる当選通知の配信をもってかえさせていただきます。お客様の連絡先等に不備があり連絡不能な場合や、ご返信期限までに当選に対するご返信が確認できない場合は、当選無効となり弊社は一切の責任を負いません。弊社メールが迷惑メールに振り分けられてしまいご連絡いただけない場合も、同様に当選無効となります。
●当選通知メールは「@id.cccmh.jp」ドメインよりお送りいたします。メールを受信できるよう、あらかじめ設定をご確認ください。
●落選の場合、ご連絡はいたしません。
●スマートフォンまたはタブレットで受信・確認できるメールアドレスを会員登録のフォームへご入力ください。
●ご応募いただいた個人情報は、抽選および弊社からの連絡の目的でのみ使用いたします。
●試写会の内容は諸般の事情により、一部変更する場合がございます。
●試写会での座席指定はできませんので予めご了承ください。
●問い合わせ先:
CCCメディアハウス マーケティング部
webpresent@cccmh.co.jp

ご応募はこちら

『オールド・フォックス 11歳の選択』
●監督/シャオ・ヤーチュエン
●出演/バイ・ルンイン、リウ・グァンティン、アキオ・チェン、ユージェニー・リウ、門脇麦
●2023年、台湾・日本映画
●112分
●配給/東映ビデオ
●6月14日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開
公式サイト:https://oldfox11.com/

 


 

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

フィガロワインクラブ
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
世界は愉快

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories