目利きの店は、才色兼備な道具の宝庫。

国や時代、ジャンルを超えた逸品が京都に勢揃い。

特集

伝統を受け継ぎながら切り拓く「継往開来」の心を大切に、50年以上愛用できる洗練のデザインをセレクト。

何十年と残る、古今東西のデザイン揃い。

ケイオカイライ

一乗寺で長く愛されてきた北欧雑貨店が、古今東西の日用品をセレクトする新店をスタート。フィンランドの優れたデザインを買い付けるなかで、伝統を受け継いで未来を切り拓く意である「継往開来」を知ったというオーナー夫婦。国や時代、ジャンルを超えて、長く愛用できるものを紹介したくなったのだそう。食器や服、文具から、フィンランドブランドのニカリの家具、ヴィンテージのオブジェまで、50年以上にわたって手元に残せるものを基準に、洗練されたデザインを取り揃える。3階にはギャラリーもある。

2-01-keiokairai-kyoto-190123.jpg

左上から時計回りに、イギリス作家ルイーザ・ロークスのポーチM ¥2,690、デンマークのスプーン¥3,024、ナイフ¥2,570、ケーキサーバー¥3,564、フィンランドのヴィンテージARABIAのボウル小¥3,780、中¥3,942、皿¥5,076、イタリアのPIUMAのティーポット¥4,752、カップ&ソーサー¥2,700、フィンランド作家ヤッタ・ラヴィの陶器の花各¥1,037、ホルダー小¥3,348、中¥3,629、天然素材の足の肌着各¥1,188、フィンランドの石けん各¥1,707、スイスのポストカード¥454、スウェーデンのヴィンテージ皿¥9,504

2-02-keiokairai-kyoto-190123.jpg

衣料品の取り扱いもある。

2-03-keiokairai-kyoto-190123.jpg

3階にはショップインショップの好事家 白月が入っている。

ケイオカイライ
けいおかいらい 

京都市左京区一乗寺高槻町28-2 keiokairai-bld.
tel:050-7121-2850
営)11時30分~19時 
休)水
※ほか不定休あり ※好事家 白月は不定休
http://keiokairai.co/

【関連記事】

二条城散策の後は、心地いい雑貨を探しに。

※『フィガロジャポン』12月号より抜粋

photos:SHIN EBISU

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。