李家幽竹監修「チェンジ」で運を導く、2019年インテリア案内。

特集

2019年、開運を呼ぶキーワードは「チェンジ」。生活に変化をもたらすことで、運気が活性化していくそうなので、生活のベースとなる家こそ、今年らしい変化を取り入れたい。人気風水師の李家幽竹さんに聞いた、コーナー別の開運ポイントを、インテリアスタイリストの作原文子さんがセンスあふれるアイデアで叶えます。

運気を導く、2019年の開運インテリアとは?

「2019年は風水では八白中宮となり、「土」の年と捉えられます。さらに「土」の中でも特に「山」の象意を強く持つ年。「土」を隆起させて「山」を築くのです。そのため、そのベースとなる地盤が大切。生きていくうえでの地盤は住居です。衣食住はすべてが大事ですが、運気を定着させるには、まずは地盤となる住居を整えること。だからこそ、2019年は住居に気を遣うことがとても重要なのです。変化によって「山」が築かれるので、プランがある方はリフォームもおすすめ。そこまでするのは難しくても、「変わったな」と感じられるように、インテリアなどで変化をもたらしてみてください。まずはいつも以上に空間を清浄に保つこと。そして、「土」の年は「継ぎ目」も大事です。季節の継ぎ目を意識して、季節の雑貨を飾るなど工夫を。最後に、「山」の年に得た山の高さが、今後9年間のさまざまな高さの目安となります。清潔な空間で、四季を感じながら暮らすのは気持ちのよいことです。頑張りすぎず、でも未来のためにも、ぜひ変化のあるインテリアに挑戦してみてください」

 

INDEX

2016-rinoieyuchiku-pink.jpg

プロフィール
風水師・李家幽竹(りのいえゆうちく)
韓国・朝鮮王朝の王族、全州李氏19代目風水師。「風水とは環境を整えて運を呼ぶ環境学」という考え方のもと、衣・食・住、行動全般にわたるさまざまな分野でアドバイスを行い、その女性らしい独自のセンスで展開する風水論をもとに、開運のスペシャリストとして多くの女性たちが支持。毎年15冊以上のベストセラー書籍を出版するなど著書も多数。出版書籍は100 冊を超える。http://yuchiku.com

 

photos : NORIO KIDERA, stylisme : FUMIKO SAKUHARA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。