麻布台ヒルズがいよいよ開業! 気になる見どころ6選。

Lifestyle 2023.12.09

都心の新たなランドマークとして、2023年11月24日にグランドオープンを迎えた麻布台ヒルズ。日本で最も高いタワーを敷地内に擁するショッピングやビジネスの新拠点は、早くも多くの人の関心を集めている。広大な敷地内には美しい緑やアート、レジデンスにホテル、学校、医療施設......と、暮らしを豊かにする要素が目白押し。その中から、来訪時に必ず押さえておきたい注目ポイントを厳選してお伝えする。

---fadeinpager---

国内外のアートの最前線に触れて。

231201-azabudaihills-midokoro-01.jpg

『蛍の生物圏(マグマの流星)』(2023年)photo: Jens Ziehe

麻布台ヒルズは"街全体がミュージアム"というキーワードを掲げるほど、アートとの親和性が高い場所。いつ来ても最先端の芸術に触れられる貴重な拠点となりそうなのが、「麻布台ヒルズギャラリー」だ。開館記念のファーストエキシビションはデンマーク出身のアーティスト、オラファー・エリアソンによるもの。自然の要素を用いた彼の印象的な作品やインスタレーションを通じて、空間認知やエコロジーへの意識に大きな変革をもたらされるはず。2024年3月末までの会期中は至近の麻布台ヒルズギャラリーカフェで、なんと食にも精通したオラファーのチームが監修したメニューを提供。以降もその時々の催しに合わせてさまざまな展開を予定しているそうなので、ぜひチェックを。

231204_azabudaihills_01.jpg

『相互に繋がりあう瞬間が協和する周期』(部分)(2023年)photo: Kioku Keizo

231204_azabudaihills_02.jpg

コラボカフェ「ザ キッチン」で提供されるメニューの一例。photo: Shimei Nakatogawa

また2024年2月には、お台場の「チームラボボーダレス」が新作を携えて移転オープンする予定。アクセスしやすい立地へ移り、アートへの没入体験をより身近なものにしてくれるはず。

麻布台ヒルズギャラリー
東京都港区虎ノ門5-8-1 麻布台ヒルズ ガーデンプラザA MBF
開)10:00〜19:00(日、月、水、木) 10:00〜17:00(火) 10:00〜20:00(金、土、祝前日)
無休

麻布台ヒルズギャラリーカフェ
東京都港区虎ノ門5-8-1 麻布台ヒルズ ガーデンプラザA 地下1F
営)ランチ10:00〜14:00 カフェ10:00〜21:00 ディナー17:00〜21:00(ドリンクスタンド7:00〜21:00)
休)2024年1月1日
www.azabudai-hills.com/azabudaihillsgallery

---fadeinpager---

見晴らし抜群のフレンチビストロは、さまざまな用途に。

231201-azabudaihills-midokoro-02.jpg

麻布台ヒルズが誇る"日本一高いビル"の中で、飲食店としては最高層の33階に位置するのが「ダイニング 33」。こちらは日本のフランス料理界を牽引してきた三國清三(きよみ)シェフがプロデュースする、オーセンティックなレストラン。地産地消を促進して東京近郊で採れた食材を中心に"日本らしさ"をちりばめた、珠玉の料理が楽しめる。コースのうち数品は大皿でサーブするスタイルを採用し、従来のフランス料理の形式に新たな楽しみ方を加えてくれそう。東京タワーのごく近く、街を一望できる見晴らしのよさは、それだけで訪れる価値あり。ビジネスディナーはもちろん、遠方からこの街を訪ねてくる友人のおもてなしにも最適だ。

231204_azabudaihills_03.jpg

ダイニング33|Dining 33
東京都港区麻布台1-3-1 麻布台ヒルズ 森JPタワー 33F
営)ランチ11:00〜15:00(L.O.14:00)、ディナー18:00〜23:00(L.O.22:00)
無休
www.tablecheck.com/shops/dining33-azabudai-hills/reserve

---fadeinpager---

ニュース性も味も抜群な、日本初上陸のレストラン。

231204_azabudaihills_04.jpg

海外の人気店が日本で初めてローンチする店舗にも、ぜひ注目したい。日本人チームがベトナムやカンボジアで手がけ、現地の大人気店へと成長させた「ピザ フォーピース」が、待望の日本第1号店を麻布台ヒルズにオープン。手仕事や人の繋がりの温かみを軸につくられた料理や内装は、その構成要素のひとつひとつがこだわりのストーリーを内包するものばかり。それらを丁寧に記載したメニューから食べたいものを選ぶ体験は、レストランという場の新たな可能性をも感じさせてくれる。店内にはピザ窯とチーズ工房が備えられ、フレッシュで上質な"素材ファースト"の料理を提供。

231204_azabudaihills_05.jpg

ピザ フォーピース トウキョウ|Pizza 4P's Tokyo
東京都港区虎ノ門5-10-7 麻布台ヒルズ ガーデンプラザD 1F
営)11:00〜15:00(L.O 14:00)、17:00〜22:00(L.O 21:00)
不定休
https://pizza4ps.com/jp

---fadeinpager---

名店の移転ラッシュ。新たなチャプターに期待大!

231201-azabudaihills-midokoro-03.jpg

すでに多くのファンを抱える人気店が、満を持して移転オープンを果たしたケースも。有楽町エリアの賑わいに彩りを添えてきた「シックス バイ オリエンタルホテル」のリロケーションは、その代表例のひとつ。ビルの閉館を機に、ここ麻布台ヒルズで瀟洒なテラス席を備える「バルコニー バイ シックス」に生まれ変わった。グリルやパンケーキといった名物メニューは残しつつ、エスニックやメキシカンなど、多国籍なフィーリングを取り入れたイタリアンをサーブする。"アーバンリゾート"を体現したかのような開放感あふれる雰囲気が漂うオールデイダイニングで、食も会話も弾むこと間違いなし。

バルコニー バイ シックス|Balcony by 6th
東京都港区麻布台1-3-1 ヒルズタワープラザ 3F
営)ランチ11:00~14:30(月〜金)、11:00~15:00(土、日、祝) カフェ11:00~17:30 ディナー17:30~23:30(L.O.フード21:00、ドリンク22:30)
不定休
https://balconyby6th.com

---fadeinpager---

予防医療研究の知見を活かして、健康診断もパーソナライズ。

231201-azabudaihills-midokoro-04.jpg

Photo:Keio University

現代においてよりよい暮らしを実現したいなら、もはや健康は抜きにして語れない。真の意味での"豊かな社会"をつくっていくべくオープンしたのが、「慶應義塾大学予防医療センター」だ。丁寧なカウンセリングに基づいて、ひとりひとりのニーズに最適なパーソナライズド・ドックを実施。たとえば基本のセットに、がんの早期発見に特化したオプションや女性特有の病気について調べるメニューなどを、必要と思うぶんだけ追加できる。最新の検査機器やプライバシーに配慮した運営はもちろん、"こわくて憂鬱"になりがちな検査の時間を、快適で心地よいものにするための工夫が至るところに。さらにありがたいのが、フォローアップも手厚いところ。検査の結果、治療が必要と判断された場合はクリニックの提案や紹介までフォローし、人々の健康寿命の延伸に努める。

慶應義塾大学予防医療センター
東京都港区麻布台1-3-1 麻布台ヒルズ 森JPタワー 5F
受付時間:8:30〜17:00(月〜金、第2・4・5土)
※受診は要予約
https://cpm.hosp.keio.ac.jp

---fadeinpager---

敷地内を散策するだけで、癒やしと発見が得られる街へ。

231201-azabudaihills-midokoro-05.jpg

photo: DBOX for Mori Building Co., Ltd. - Azabudai Hills

最先端の多彩な都市機能を完備する麻布台ヒルズだが、そこには人々を無理なく受け入れてくれそうな憩いのムードが漂う。その大きな理由のひとつが、豊かな緑。敷地内には約24,000㎡もの緑地が設けられ、中央広場近くには果樹園や菜園が。リンゴやミカン、レモン、ブルーベリーにローズマリーなどを栽培し、自然と調和した街づくりを目指しているとか。さらにそのあいだを縫うようにして、奈良美智や曽根裕をはじめ、世界の名だたるアーティストたちによるパブリックアートが佇む。自然と建築、アートが見事に融合する、近未来型の街のあり方を感じてみよう。

231201-azabudaihills-midokoro-06.jpg

photo: DBOX for Mori Building Co., Ltd. - Azabudai Hills

11月24日のグランドオープン以降、2024年初頭にはジャヌ東京が開業し、エルメスやディオール、セリーヌ、ブルガリ、カルティエ、ボッテガ・ヴェネタなども新店舗をオープン予定。東京という都市の"いま"を体現するデスティネーションとして、継続的な発展を遂げていきそうだ。

麻布台ヒルズ
www.azabudai-hills.com

editing: Misaki Yamashita

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories