「女王陛下のシャンパーニュ」ボランジェから、特別なヴィンテージが発売!

Gourmet 2023.05.17

From Pen Online

文/安齋喜美子

230516_DSC08256.jpg

「ボランジェ R.D.2008」。長期熟成を経て、デゴルジュマン(澱引き)の後、約2~3カ月でリリースされる。この直前のデゴルジュマンによって、フレッシュ感が際立つ。ラベルにはデゴルジュマンの日付が記されている。

「女王陛下のシャンパーニュ」とも称されるボランジェから、同社のトップ・キュヴェ「ボランジェ R.D.2008」が発売された。その誕生秘話と美味の秘密をグローバルセールス・ディレクターが来日し語ってくれた。

230516_DSC07567.jpg

ピノ・ノワール71%、シャルドネ29%をブレンド。ピノ・ノワールはアイとヴェルズネイ産、シャルドネは"聖地"と評されるコート・デ・ブランのメニル・シュール・オジェとクラマン産のブドウをメインに使用。ドザージュ(加糖)は1ℓあたり3gのエキストラ・ブリュット(極辛口)。750ml ¥61,600(木箱入り¥63,800)

芳醇で力強く、かつ品格に満ちた味わいで熱狂的ファンをもつシャンパーニュが「ボランジェ」だ。1829年にフランス・シャンパーニュ地方アイ村に創業、ピノ・ノワールを美しく表現する生産者として名高く、映画『007』シリーズのジェームズ・ボンド御用達としても知られる。

84年にはヴィクトリア女王から「ロイヤルワラント」を授与され、現在に至るまで英国王室御用達として華やかなシーンを彩ってきた。

今回、トップ・キュヴェの最新ヴィンテージ「ボランジェ R.D.2008」のリリースにあたり、グローバルセールス・ディレクターのギィ・ド・リヴォワールがお披露目のために来日、その魅力を語ってくれた。

「R.D.は特別なシャンパーニュです。R.D.とは『レサマン・デゴルジェ』(最近澱引きされた)の意で、長期熟成による複雑で深い味わいと、澱引きしたばかりのフレッシュ感という相反する特徴を併せ持っています。メゾンが位置するアイ村は"ピノ・ノワールの聖地"とも言われることから、ピノ・ノワールの比率も71%と高く、黒ブドウならではの芳醇さを楽しんでいただけると思います」

230516_DSC08030.jpg

230516_DSC08022.jpg

「ボランジェ R.D.」はブドウが極めてよい年にのみつくられる。2008年は「素晴らしいヴィンテージ」で、過去50年で10指に入るほどの年であった。発酵は樽で行われるが、この年は多めに樽発酵できたという。

---fadeinpager---

この「ボランジェ R.D.」を生み出したのが3代目当主ジャック・ボランジェの妻、マダム・リリーだ。メゾンの伝説的人物で、夫亡きあと懸命にメゾンを守り、大きく発展させた。

第2次世界大戦中も遠くに爆音を聞きながらシャンパーニュをつくり続けたり、シャンパーニュを供出させるためにメゾンを訪れたナチスの"ワイン総統"をひとりで追い返したという"リアル・ボンドガール"のような話は、いまも彼女の武勇伝としてメゾンに伝わる。

ド・リヴォワールはこう続ける。

「マダム・リリーは先見の明と大胆な発想をもっていました。1960年代、シャンパーニュの多くのメゾンが斬新なボトルを開発する中、マダム・リリーは"ボランジェらしい味"を追求することにこだわりました。そしてこう言ったのです。『メゾンには"宝物"がある。それを使って最高のキュヴェをつくりましょう』と」

230516_DSC08153.jpg

グローバルセールス・ディレクターのギィ・ド・リヴォワール。来日はすでに40回を超える真の親日派。日本料理にも精通しており、「日本料理とボランジェの相性は抜群です。懐石料理や寿司とは素晴らしいマッチングを楽しませてくれます」とのこと。

---fadeinpager---

宝物とは長くカーヴに眠るシャンパーニュのこと。マダム・リリーは15年以上熟成させたシャンパーニュを選んで澱引きし、間を置かずにリリースすることを提案した。澱と接触していた時間が長い分、ワインの味は深みを増している。同時に、澱引きしたばかりのシャンパーニュにはフレッシュ感が生きている。

きっと「芳醇かつフレッシュ」という、唯一無二の味わいのシャンパーニュができるはず――。マダム・リリーはそう考えた。そして、67年に記念すべきファースト・ヴィンテージ「ボランジェ R.D.1952」をリリース、大ヒットさせたのだった。

「ボランジェ R.D.2008」の香りは、華やかでアロマティック。グラスの中から柑橘やアプリコット、ハチミツ、ベルガモットなどの香りが次々と飛び出す。なかでも印象的なのがブリオッシュやヘーゼルナッツなどの熟成由来の香りだ。

豊かな果実味と生き生きとした酸、厚みのあるミネラルが美しく溶け合い、ハーモニーを奏でる。その深い味わいと余韻の長さは"大人の包容力"を感じさせる。この特別なシャンパーニュは、あらゆる幸福のシーンに寄り添ってくれる。大切な人と開ける日のために用意しておきたい。

230516_DSC08255.jpg

「ボランジェ R.D.2008」はヘーゼルナッツなど、熟成からくる香りが顕著。熟成させたグリュイエールチーズとよく合う。繊細な日本の懐石料理やステーキなどの肉料理とも好相性。

●問い合わせ:
WINE TO STYLE
tel:03-5413-8831
Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

世界は愉快
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories