南アフリカの大自然でのヴァカンス、忘れられない人や動物との出会い。|中西聖子(フリーランスPR)

Travel 2024.07.08

忘れられないヴァカンスの思い出はありますか? madameFIGARO.jpでは、旅好きが推薦するもういちど行きたいヴァカンススポットを紹介。
第1回は、ファッションを中心に、フリーランスのPRとして活躍する中西聖子さん。念願叶って訪れたアフリカでの思い出をシェアしてくれました。

子どもの頃から憧れていたアフリカ大陸へ!

アフリカの大地、野生動物を見たい! と昔から思っていましたが、ついに、念願叶い訪れることができました。アフリカ内にはたくさんの自然保護区がありますが、私が行ったのは南アフリカのクルーガー国立公園。

240625_seikonakanishi_1.jpg


宿泊したのは、大自然の中にある個人経営のふたつのホテル。どちらも2食付き、国立公園でのゲームドライブ付(サファリツアー)付きでした。
大自然の中にあるホテルの立地は素晴らしく、夜はライオンの遠吠えが遠くから聞こえてきたり、敷地内の水飲み場に象の群れが水飲みをしにきたり、星空が本当に美しく、1分に1回くらいの頻度で流れ星を見ることができ、信じられないような光景でした。

240625_seikonakanishi_2.jpg

  240625_seikonakanishi_3.jpg


240625_seikonakanishi_4.jpg

240625_seikonakanishi_5.jpg

240625_seikonakanishi_6.jpg

240625_seikonakanishi_7.jpg

240625_seikonakanishi_8.jpg

セブン スター オアーゼ
Wild Rivers Nature Reserve R40, Hoedspruit, 1380
www.7starlodges.com

---fadeinpager---

自然の中で出会った、忘れられない人と動物たち。

旅の中でいちばん思い出に残っているのは、人との出会い。ホテルで働くスタッフとの交流は、ホストとゲストという垣根を超え、夜になると大自然の中でいろいろな話をして、親睦を深めました。彼らとは帰国後も連絡を取り合っています。
そして、大自然の光景も忘れられません。宿を車で出発した直後に「いってらっしゃい」と言わんばかりにキリンが車をのぞき込んできたり、生活の中に当たり前のように動物がいる環境を存分に楽しみました。

アフリカのホテルというとハイエンドなイメージはないかもしれませんが、むしろラグジュアリーサファリを楽しめる宿が多く、エリアによってはとてもお得な価格で宿泊できます。

240625_seikonakanishi_9.jpg

240625_seikonakanishi_10.jpg

240625_seikonakanishi_11.jpg

240625_seikonakanishi_12.jpg

カサート ゲーム ロッジ
GRIETJIE NATURE RESERVE, Phalaborwa, 1930
www.casartgamelodge.com

夢に見たアフリカの光景が目の前に!

アフリカの大地の雄大さと、自然に生きる動物の美しさを目の前で存分に感じられるクルーガー国立公園。果てしなく広がる平原、エリアによって異なる地形や自然美、点在する野生動物たち、そこはまさに子どもの頃から夢見ていた場所でした。
訪れたのは、早朝。まだ車も少なく朝のすがすがしい空気の公園で、私たちの車の前に1頭のチーターが現れました。優雅に歩くチーターの速度に合わせてしばらく車を並走。土埃の中、孤高のチーターが歩く大自然の光景に胸を打たれました。

240625_seikonakanishi_111.JPG

240625_seikonakanishi_13.jpg

240625_seikonakanishi_14.jpg

クルーガー国立公園
Kruger National Park, Mpumalanga
https://www.sanparks.org/parks/kruger

現地の人も買い物に訪れるショッピングモールでは、アフリカの人たちの日頃のファッションを見るのがおもしろかったです。色使いが上手でとにかく、おしゃれ!アフリカンキルトが大好きなので、テンション上がりっぱなしでした。また、日用品のパッケージも、見ているだけで楽しかったです。南アフリカ産のワインが豊富なのでワインショップも必見です。

240625_seikokanishi_222.jpg
240625_seikonakanishi_333.JPG
240625_seikonakanishi_444.JPG


食事は主にホテルでとりましたが、毎食とてもおいしかったです。自然の中で食べるシチュエーションも最高でした。

240625_seikonakanishi_15.jpg

また、南アフリカは牛肉がすごくおいしいと聞き、一度ヨハネスブルグ近郊のステーキレストランに行きました。ボリューム満点のステーキ、おすすめです。

Trumps Grillhouse and Butchery
Nelson Mandela Square, 5th St &, Rivonia Rd, Sandton, 2196
https://trumpsgrill.co.za/

---fadeinpager---

お土産のアフリカ工芸で、帰国後もサファリ気分。

大好きな動物とアフリカの工芸をお土産に。動物の置物をたくさん購入したので、自宅のテレビボードがミニサファリ化しています。

240625_seikonakanishi_16.jpg

240625_seikonakanishi_17_ver3.jpg

アフリカに行くなら、虫刺されから守ってくれる長袖長ズボン、サファリカー用として土埃をよけるストールはマスト。あと、蚊・虫よけスプレーもお忘れなく! 現地でも、効果の高いものを入手することが可能です。そしてビビッドなカラーは動物に警戒されることもあるため、サファリに行く際には、アースカラーを身につけてくださいね。

240625_seikonakanishi_18.jpg

中西聖子|Seiko Nakanishi 
旅をするために生きているといっても過言ではないほど旅が好き。ファッションPRの経験が長いながら、最近は旅好きが興じて旅に関するPRをすることが増えてきたのでこれまでにも増して毎日旅のことばかり考えています。アフリカ以外のバカンスのおススメスポットは、タヒチ。死ぬまでに100か国行きたい。

photography: Seiko Nakanishi

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

シティガイド
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
編集部員のWish List!
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories