フラゴナールの新作。ルーマニアの手仕事が旅心を誘う。

Paris 2021.03.20

フラゴナールが提案する春夏コレクションは、ルーマニアがインスピレーション源。カラフルでどこか素朴なモチーフがとにかくチャーミングで、テーブルセッティングや春の模様替えがよけい楽しくなる。

210317_pnw01_2.jpg

モチーフ、色の異なる4枚のお皿(Φ27cm)のセットは40ユーロ。

210317_pn02.jpg

左:メタルにプリントを施した花器。24ユーロ(18×10cm) 右:プレート(23×32cm)35ユーロ

210317_pnw03.jpg

左:クッション(45×45cm)30ユーロ 右:ピローケース(65x65cm) は、女性の顔と男性の顔の2枚セットで45ユーロ。長方形(50×70cm)もある。

このコレクションと並行して、フラゴナールはルーマニアのサヴォワールフェールが生きた職人たちの仕事からセレクションしたアイテムも4月から販売する。

---fadeinpager---

Geta & Emma Istvanffy の人型花器

210317_pnw04.jpg

花器 各40ユーロ

210317_pn05.jpg

ルーマニア北部にアトリエを構えるGezaとEmmaは花や葉といった自然にインスピレーションを求めた陶器のほかに、ルーマニアの伝統的な装飾品も制作している。フラゴナールのために、ふたりは人の形をした花器を作り上げた。

---fadeinpager---

Marinel Györfiの手描き皿

210317_pn06.jpg

左:15ユーロ(Φ18cm) 右:45ユーロ(Φ37cm)

210317_pn07.jpg

トランシルヴァニア地方のSanchiez村でコバルトを用いて秘伝の方法で焼くブルーのお皿。この村で生まれ育った25歳のMarinelだけが、いまやこの技術の継承者だ。

---fadeinpager---

Maria Zapca が掘り出した手織り壁掛け

210317_pnw08.jpg

2016年ユネスコの無形文化遺産に登録されたルーマニアの壁掛け織物の技術は、女性から女性へと継承される。子どもの頃に母親から技術を学んだマリアは、フラゴナールのために古いルーマニアの伝統的な壁掛けを選び出した。各450ユーロ

---fadeinpager---

Mark Tudoseの手彫りスプーン

210317_pnw09.jpg

スプーン 各30ユーロ(30cm)

210317_pnw10.jpg

ルーマニアの伝統と祖父の仕事にインスパイアされて、動物の細かいディテールを彫り込んだ木製スプーンを作るMark。地元では“スプーン・マン”として知られている。

Fragonard Boutique Haussmann
5, rue Boudreau
75009 Paris
www.fragonard.com

réalisation : MARIKO OMURA

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

Recommended

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories