リッツ・パリがカンボン通りに開く、初のスイーツブティック。

Paris 2021.05.15

どれを最初に味わおうか。迷いながら、6月7日までカウントダウン開始! 何のことかというと、カンボン通り38番地にリッツ・パリ初のスイーツ専門のブティック「Le Comptoir(ル・コントワール)」がオープンするのだ。リッツというと誰もがヴァンドーム広場を思い浮かべるけれど、ホテルの由緒正しい2つ目の出入り口があるのがこのカンボン通り。リッツに暮らしていたココ・シャネルがクチュールメゾンに通うのに、カンボン通りに面したホテルの扉を経由したというのは有名な話である。

210510-ritsparis-01.jpg

ル・コントワールはおいしいパティスリーを包み込む白とベージュの空間。天井を飾る60個のクリスタルのランプシェードは、シェフが愛する栗の蜂蜜の色に似たアンバーが美しい。テイクアウトだけでなく、店内のテーブル席で味わうこともできる。photo:(右)Bernhard Winkerlmann

このブティックはホテルのアイコン的スイーツが購入できるだけでなく、シェフパティシエのフランソワ・ペレによるエクスクルーシブなクリエイションも!という、なんとも美味なる喜びが待つ場所なのだ。ライトで食べやすいという2点を大切に、ル・コントワールのためにクリエイトするペレ。ユニークなのは、「Boisson Pâtissière(ボワソン・パティシエール)」というストローで味わうドリンク・パティスリーだろう。軽いホイップクリーム、濃厚なビスケットミルク……味はキャラメル、マロンキャラメル、バニラキャラメルの3つ。それをローストアーモンド、ヌガチーヌ片などのトッピングでパーソナライズできるのだ。ブティックを出るや、すぐにストローで口に運びたくなる新種のドリンクである。

210510-ritsparis-02.jpg

ボワソン・パティシエールは9ユーロ(350ml)、12ユーロ(450ml) photo:Bernhard Winkerlmann

---fadeinpager---

食べやすさを求めるシェフパティシエは、クロワッサンやパン・オ・ショコラを縦長のスリムなシルエットに変身させた。サンドウィッチも公園など戸外でも優雅に味わえる細長いフォルムだ。ファイユテパン×シーザース、そば粉パン×サーモン、フォカッチャ×ヴィーガンとパンの種類とフィリングの組み合わせの妙も楽しめる。端から端まで均一に具が挟まれているので、食べる喜びは最後のひと口まで!

210510-ritsparis-03.jpg

左:クロワッサン(写真)は3ユーロ、パン・オ・ショコラは3.5ユーロ。 右:サンドウィッチ。左からシーザース、サーモン、ヴィーガン。各3ユーロ。photos:Bernhard Winkerlmann

バー・ヴァンドームのデザートもル・コントワールでテイクアウトできるようになる。木苺のチーズケーキ、マーブルケーキなどの人気作に始まり、テイクアウト用にミルフィーユはスリムで長くなり、リッツ・オ・リはパッションフルーツ味が加わる。ブリオッシュ・オ・レのパンペルデュなど気になるデザートも続々と。それぞれに合うワインやシャンパンの提案もあるという。さすがリッツ・パリならではの心憎いサービスだ。

210510-ritsparis-04.jpg

左から、ブリオッシュ・オ・レのパンペルデュ、木苺のチーズケーキ、マーブルケーキ。photos:Bernhard Winkerlmann

210510-ritsparis-05.jpg

左:キャラメル・バルケット 右:ほっそりスリムなミルフィーユ。photos:Bernhard Winkerlmann

---fadeinpager---

さてリッツといえばマルセル・プルースト、マルセル・プルーストといったらマドレーヌ、そしてマドレーヌといったらリッツ・パリというのがいまや定説。中にとろけるクリームを秘めたマドレーヌで、その味はチョコレート、キャラメル、フランボワーズ、栗の蜂蜜、ミュール、パッションそしてプレーンの7種が用意される。さて、どの味のマドレーヌが、あなたの“プルーストのマドレーヌ”となってパリ滞在の思い出を呼びさます味となるだろうか。

210510-ritsparis-06.jpg

左:マドレーヌ(3.20ユーロ)を手にするシェフ・パティシエのフランソワ・ペレ。 右・マドレーヌは1個から購入できる。5個詰め Césarボックス(19ユーロ)、8個詰め Augusteボックス(29ユーロ)、12個詰め Françoisボックス(40ユーロ)もある。素敵なパリ土産となるのでは? photo:(左)Cécile Gabriel、 (右)Bernhard Winkerlmann

Ritz Paris Le Comptoir
38, rue Cambon
75001 Paris
営)8時〜19時
休)日
Instagram:
@ritzparislecomptoir
@francoisperret

réalisation : MARIKO OMURA

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories