新生カルナヴァレ博物館の中庭、野菜レストランで夏を満喫。

Paris 2021.07.13

210709-paris-news-01.jpg

カルナヴァレ博物館の中庭を占拠したレ・ジャルダン・ドランプ。photo© Pierre Lucet-Penato

4年がかりの大規模な改修工事を終えて再開したカルナヴァレ・パリ歴史博物館。その詳細は追って。まずはいまの季節、ぜひ知っておきたい中庭のレストランから。その名を「Les Jardins d'Olympe(レ・ジャルダン・ドランプ)」といって、入り口は博物館とは別にある。2つの中庭に250席という規模で、深夜1時まで利用できるうれしい存在である。

210709-paris-news-02.jpg

サラダ、タルト、フォカッチャなど写真のような9種の料理。スイーツはパヴロヴァやマドレーヌなど5種。© Pierre Lucet-Penato

シェフはTV番組「Top Chef」で視聴者の人気者だったクロエ・シャルルだ。廃棄物ゼロを掲げる彼女が提案するフランス産の野菜メニューにはヴィーガン、グルテンフリーのチョイスもある。デザートはアンドレア・シャムが担当。庭のレストランということで、彼女たちはピクニックをイメージしたクリエイションを行なった。12時から18時のランチメニュー(18ユーロ)は希望の2皿とカフェまたはティーのセット。アラカルトでのオーダーも可能で、デザートも含め、1皿一律9ユーロ。1皿でも3皿でもお腹の空き具合に合わせて選べるのがうれしい。デザート1皿と飲み物、というティータイム的な利用も可能である。ディナータイムは19時から。オーダーは最低3皿(27ユーロ)。ミクソロジストのカミーユ・ヴィダルによる夏を意識した7種のカクテル(各12ユーロ)で、パリの宵を夜空の下の中庭で過ごすのも悪くないだろう。なお営業は9月まで(終了日未定)。

210709-paris-news-03.jpg

ピクニックを楽しむように、ひとりであるいは仲間とシェアして。© Pierre Lucet-Penato

210709-paris-news-04.jpg

クロエ・シャルル、アンドレア・シャム、カミーユ・ヴィダル。なおグラフィック面はレスリー・ダヴィッド、スタッフのユニフォームはマリーヌ・セールと合計5名の女性が関わっている。© Pierre Lucet-Penato

Les Jardins d’Olympe (営業終了9月)
c/o Musée Carnavalet - Histoire de Paris-
16, rue des Francs-Bourgeois
75004 Paris
営)12時~18時、19時~翌1時(予約が望ましい)
休)月
www.lesjardinsdolympe.com
@lesjardinsdolympe

editing: Mariko Omura

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

Recommended

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories