パリ、装飾芸術の旅 オテル・ドゥ・ラ・マリーヌで18世紀の豪奢に酔う。

Paris 2021.08.29

210820-hotel-01.jpg

オテル・ドゥ・ラ・マリーヌはコンコルド広場に面し、ジュ・ドゥ・ポームの斜め向かい。これまでは謎の建物だったけれど……。建物の左がロイヤル通り。photo:Mariko Omura

コンコルド広場に面したオテル・ドゥ・ラ・マリーヌもカルナヴァレ博物館、ラ・サマリテーヌ同様、6月にオープンした。ジュ・ドゥ・ポームの斜め向かいにあるこの建物は、2015年までフランス海洋省が使用していたので一般人には無縁だった。それが、4年がかりの修復の後、食事もできれば、18~19世紀のフランス装飾芸術を満喫できる文化遺産として、パリの観光名所のひとつに仲間入りしたのだ。地上階のレストランのひとつである「Café Lapérouse(カフェ・ラペルーズ)」についてはすでに紹介した通り。9月にオープンするジャン・フランソワ・ピエージュの「Mimosa(ミモザ)」の開店を待ちながら、まずはオテル・ドゥ・ラ・マリーヌについて少し知っておこう。

210820-hotel-02.jpg

天井や壁を飾る木彫細工、壁紙、床の寄木細工など室内は見事に修復され、家具調度品が配置された室内は見どころ満載だ。photos:Mariko Omura

210820-hotel-03.jpg

左: ティエリー・ドゥ・ヴィル・ダヴレーの執務室。ネオクラシックスタイルのシルクのパネルが壁を飾る。 中: ゲームテーブルも再現。 右: ちょっとした部分の装飾も18世紀のままに。photos:Mariko Omura

---fadeinpager---

ヴェルサイユ宮殿の主役がルイ14世なら、オテル・ドゥ・ラ・マリーヌはルイ15世。まだリヴォリ通りもない時代に、チュイルリー公園とシャンゼリゼ大通りを結ぶいまのコンコルド広場を造り自身の騎馬像を設置し、広場に面して王室の家具調度品保管所として建築させたのがこの建物である。フランス国王に仕える主席建築家アンジュ=ジャック・ガブリエルによる建築で、保管所を管理していたのがマルク・アントワーヌ・ティエリー・ドゥ・ヴィル・ダヴレー。彼との縁故関係から、ここにフランス革命を機に1789年に海軍省の本部が入ることに。以来2015年まで海洋省が使い続けていた。今回、建物を所有するフランス文化財センターによる修復工事によって、保管所長のアパルトマン、小サロン、食堂などが18世紀当時の調度品を再現して蘇った。生地や壁紙は、修復不可の場合はオリジナルに忠実に新たに作り直すという力の入れよう。なお、ここで保管されていたのは家具調度品だけでなく、王室の宝飾品も。1792年にフレンチブルーと呼ばれるブルーダイヤモンドが盗難にあったのが、まさにここである。

210820-hotel-04.jpg

オテル・ドゥ・ラ・マリーヌの修復に関わったのは分野さまざまな職人たち。フランスが護るサヴォワールフェールが随所で発揮された。photos:Didier Plowy / CMN

210820-hotel-05.jpg

左: 筆で細部まで根気良く修復を続ける。 右: 修復が終わった鏡の間。photos:(左)Didier Plowy/ CMN、(右)Mariko Omura

---fadeinpager---

210820-hotel-06.jpg

ティエリー・ドゥ・ヴィル・ダヴレー夫人の寝室。ベッドサイドの食器など、ディテールにも注目を。部屋の隅の扉の奥にはドレスも展示。ベッドの脇には犬のベッドも。photos:Mariko Omura

210820-hotel-07.jpg

18世紀の贅沢を象徴する牡蠣を供するランチを再現した食堂。18世紀スタイルをイメージして手描きされたシルク布が壁を覆う。photos:Mariko Omura

210820-hotel-08.jpg

左: ティリー・ドゥ・ヴィル・ダヴレイの寝室。 中:バスルーム。 右: 執務室。photos:Mariko Omura

---fadeinpager---

フランスのサヴォワールフェールを集結させての大修復。保管所の管理者だったティエリー・ドゥ・ヴィル・ダヴレイ男爵の仕事場、住居内に木彫り細工、壁紙、布地、シャンデリア、鏡、絵画などが再構築され、来場者は18世紀の豪奢な装飾芸術に驚かされる。これらはコンコルド広場とサン・フロランタン通りのコーナーを占める部分。その中庭には新たにHugh Duttonによるガラスの屋根が設けられた。鏡が仕組まれていて、その輝きはシャンデリアのよう。晴天の日は太陽が燦々と広場を照らし、曇りの日でも明るいうえ、中庭はチケット売り場なので、雨の日の対応策ともなっている。

210820-hotel-09.jpg

左: チケット売り場の中庭を覆うガラス屋根。なお、秋にオープンするアル・ターニ・ギャラリーへのアクセスもこの中庭から。 右: その奥、メインの中庭は敷石にLED電球が組み込まれている。photos:Mariko Omura

---fadeinpager---

見学コースは2種類あり、どちらも締めはロジアと呼ばれるコンコルド広場を見渡せるバルコニーだ。Le Confidantと呼ばれるヘッドフォンをつけての自由見学なのだが、流れてくるのは会話スタイルで当時の雰囲気を織り込みつつの説明というのがおもしろい。「サロン&ロジア」(45分/13ユーロ)は広場に面した複数のサロンとギャラリー、そしてロジアの見学。グランド・ツアー(90分/17ユーロ)では、これらに所長のアパルトマンが加えられる。建築時にルイ15世の希望で、室内装飾は王室の邸宅なみの芸術的レベルで邸内に施された。それが再構築されてのオテル・ドゥ・ラ・マリーヌである。ヴェルサイユ宮殿まで足をのばす時間がない時、この後者のツアーで小規模ながら18世紀のフランス装飾芸術が見学でき、満足できそうだ。

210820-hotel-10.jpg

2つのどちらのコースでも見学ができるのは建物のコンコルド広場側のサロンとメインの中庭に面したギャラリー。これらは19世紀の内装だ。

210820-hotel-11.jpg

左: 19世紀の内装のSalon des Amiraux。海軍提督たちのポートレートを掲げたサロンだ。 右: 広場に面した横長のロジア。photos:(左)Ambroise Tézenas/ CMN、(右)Mariko Omura

Hôtel de la Marine / Centre des monuments nationaux
2, place de la Concorde
75008 Paris
開)10:30〜19:00(土~木)、10:30~22:00(金)
無休
www.hotel-de-la-marine.paris

editing: Mariko Omura

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories