パリ18区が動いている! カフェ・ドゥ・リュース、ご近所だったら毎日通ってしまいそう。

Paris 2021.11.06

昨年、10区にレストラン「Pouliche(プーリッシュ)」を開いたシェフのアマンディーヌ・シェニョ。彼女はそれ以前、アラン・デュカス、ジャン=フランソワ・ピエージュ、エリック・フレションといったガストロノミー界のビッグネームと仕事をしていて、これが自身による初のレストランだった。そして今夏、モンマルトルに2軒目のカフェ・ビストロの「Café de Luce(カフェ・ドゥ・リュース)」を彼女はオープンした。オテル・ムッシュ・アリスティッドもそうだが、店ができた場所は坂道をえっちらおっちら登らないで行けるモンマルトルにある。しかも、お店はテアトル・ドゥ・ラトリエの前の小さくて可愛い広場に面していて、そのテラス席に座るだけでパリの休暇を100パーセント味わっている満足感が得られる場所だ。

211102-cafe-01.jpg

左: まるで昔から店にかかっていたようなサクレクール寺院のデッサンの看板。 右: 広場のテラス席からカフェ・ビストロを眺める。photos:(左)Mariko Omura、(右)@Anne-Claire Héraud

211102-cafe-02.jpg

左: 朝食は週末のお楽しみ。8時〜10時30分。 右: 鴨のリエット、フォアグラなどを分けあって、アペリティフにも活用したいカフェ・ビストロだ。photos:@Anne-Claire Héraud

---fadeinpager---

アマンディーヌに料理の楽しさを教えてくれた祖母の名前がリュース。彼女が10年近く暮らし、愛する土地であるモンマルトルに、パリ的カフェとおばあちゃんの料理にインスパイアされた店を開いたのだ。メニューを開いてみよう。前菜にはウフ・マヨ、ニシンの油漬け、フォアグラといったビストロのクラシックが。どれも昔ながらのビストロ料理だけど、アマンディーヌによってスパイスや添え野菜などで現代風にアレンジされている。専門店に行かないと食べる機会のないカエルのもも肉も、前菜に見つけられる。ペルシヤードと呼ばれるニンニクとパセリの効いたソースがおいしく、カエル初体験の人もファンになるはずだ。メインで興味深いのはビーフ・タルタル(キャビアを添えることも可能!)というビストロの定番もあれば、流行りのスマッシュ・バーガーもあり。デザートはクレーム・キャラメル、イル・フロッタント、洋梨のベルエレーヌといった懐かしの味オンパレードだ。シェフがアマンディーヌの店なら、近隣からの味のよい新鮮な季節の素材が料理に使われていることは特筆するまでもないだろう。

211102-cafe-03.jpg

左: 前菜のウフ・マヨ。卵とマヨネーズ、そして香草がたっぷり!(7ユーロ)。カトラリーはあえて不揃いにし、ビストロの気軽さが雰囲気がテーブルに漂う。 右: カエルのモモ肉、ペルシヤード・ソース、アーモンド添え(16ユーロ) photos:(左)@Anne-Claire Héraud、(右)Mariko Omura

211102-cafe-04.jpg

左: 肉はフランス産を使用している。ビーフのタルタルはフライドポテトが添えられて23ユーロ。キャビアはプラス16ユーロ。 右: プラリネで飾ったイル・フロッタント。7ユーロ。なおランチは日替わりメイン(月~金)18ユーロ、前菜+メインまたはメイン+デザートが24ユーロ、前菜+メイン+デザートが28ユーロ。photos:@Anne-Claire Héraud

ユニークなのは営業時間中、いつでもオーダーできるホット・クロワッサンだ。エスカルゴのペルシヤード・ソースあるいはブラータとローストアーティチョークの2種がある。軽いランチや半端な時間にお腹を満たす時にオーダーしたい。

211102-cafe-05.jpg

左: ホット・クロワッサン。 右: 営業時間中いつでもオーダーできるサラダが3種。photos:@Anne-Claire Héraud

---fadeinpager---

インテリアはSENOSTUDIOエージェンシーのジェシカ・ミルに任された。アマンディーヌが料理でしているように、ジェシカも床のモザイクタイルランプや椅子といったパリのブラッスリーのさまざまなコードをいま風に内装に生かした空間作りをした。懐かしさとモダンの共存が、客を温かく迎え入れる。2階は貸切専用のスペース。ここには古いオブジェを飾って、家族的な雰囲気をジェシカは演出した。テラス席も魅力だけど、店内で過ごす時間も居心地がよい。そこでおいしい食事が取れるのだから、食堂のように毎日通いたくなる。

211102-cafe-06.jpg

クッションを配してサロン風のコーナーにて、アマンディーヌ・シェニョ(左)とジェシカ・ミル。photos: (左)@Anne-Claire Héraud、(右)Mariko Omura

211102-cafe-07.jpg

左: モザイクタイルに籐の椅子はビストロの定番。その組み合わせもジェシカはモダンに蘇らせた。 右: レストラン内の壁の一部だけでなく、トイレにも花柄(写真)! photos:@Anne-Claire Héraud.

Café de Luce
2, rue des Trois Frères
75018 Paris
営)10:00~24:00(月~金) 8:00~24:00(土、日)※ ランチ12:15〜14:30、ディナー18:00〜22:30
無休
www.cafedeluce.com
Instagram:@cafedeluce.montmartre

editing: Mariko Omura

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories