3人の女性が提案するジュエリー。キーワードはエシカル エシカル・マインド・ジュエリーのパイオニア、ジェム。

Paris 2022.01.17

jem-06.jpg

左: ドロテ・コントゥール。 右: パリ1区、チュイルリー公園の近くにあるJEMのブティック。

ジュエリーに対する関心の前に、まず社会を変えることへの希望があったというドロテ・コントゥール。起業精神旺盛な彼女は、パリの名門である高等商業学校HECの卒業後、ストラテジー&マーケティングのコンサルタントオフィスで4年働いた。そして人々の思考や生活法を変えるためのフェアトレードという新しい経済モデルへの情熱が湧き、まだ持続可能な開発がリュクスな業界において不信感を引き起こしていた時代に、フランス発のエシカル&コンテンポラリージュエリーのメゾン「JEM(ジェム)」を共同設立。これと並行して彼女は2013年に発表されたマルタン・マルジェラのメゾンのジュエリーコレクションの立ち上げに携わった。

2016年、ジェムの単独経営者となった彼女は、新しい美のアイデンティティーをジュエリー界にもたらし、女性たちの視線をエシカルなジュエリーの美しさと可能性に向けさせることになる。最初に発表したのは、フェアマインド認証のエシカルゴールドを用いたシンプルで力強いデザインのコレクション。さらにインディア・マーダヴィがデザインしたシリーズ「Voids」もあり、創業から時間をかけずにコンテンポラリーなジュエリーブランドとしてジェムを世間に認知させたのだ。

jem-01.jpg

左: 「Octogone」コレクションより、18Kエシカルゴールドのカフブレスレット。 中: Voids, JEM by India Mahdavi。 右: 「Octogone」のネックレス。

---fadeinpager---

2019年には、“抱擁”という意味のコレクション「Etreintes(エトラント)」を発表。デザインしたのはポーリーヌ・デルトゥールで、両手を相手の身体に巻きつけてふたりが抱き合うように、ふたつの半円を背中合わせに合わせるとサークルをなして指輪になる、ブレスレットになるという画期的でユーモアのあるコレクションだ。これはリサイクルゴールドだけのバージョンに始まり、次いでダイヤモンドをあしらったタイプも登場した。ジェムでは2018年からダイヤモンドをジュエリーに取り入れているが、それは天然ではなく合成(ラボグロウン)ダイヤモンド。採掘される天然ダイヤモンドと同じ成分でクリエイトされたラボラトリー生まれのダイヤモンドの使用は、環境と人類への大いなるリスペクトである。これがエトラントの第1章なら、2021年にその第2章として襞彫りされたタイプが売り出された。エトラントは半円を組み合わせて遊べるジュエリーである。第1章と第2章のそれぞれを合わせて指輪に、ということも可能で、改めてポーリーヌの創意工夫に脱帽!となるものだった。

jem-09.jpg

左: 「Etreintes」の第1章のリング。シンプルなゴールドの半円とパヴェダイヤモンドの半円の組み合わせ。こちらはシングル。 右: 第2章の襞彫りの半円と第1章のシンプルなゴールドの半円という組み合わせだ。こちらはダブル。トリプルもあれば、一粒ダイヤをあしらった半円も。また同じシステムのブレスレットもある。

jem-08.jpg

2018年、ジェムではラボグロウン・ダイヤモンドをジュエリーに使用し始める。左: 「Octogone」コレクションより、0.35カラットのダイヤモンドをあしらった指輪。 右: 「Octogone」より、パヴェダイヤモンドのイヤリング。

これに続き、エトラントの第3章として真珠層、パールをあしらったバージョンが昨年末に発表された。ブルー、グリーン、ゴールド、ブロンズ……ジェムのジュエリーに初めて色が加わったことになる。ゴールド、ダイヤモンドと同様にエシカル・マインドをジェムはパールにも発揮。パールのセレクションはクオリティはもちろん、海の生物の保全を大切に考えてコントロールされた養殖、環境配慮の養殖から生まれたものを選んでいる。さらに海の健康とサンゴ礁を守るための取り組みを、この第3章でジェムは実行。それはパールあるいは真珠層のエトラントの購入には、サンゴとの養子縁組証がセットされているということだ。“海洋の肺”的存在であるサンゴの保全は緊急の課題であると考えるドロテは、インド洋の海底およびスペイン沖の健康の復元にコミットしている団体「Coral Guardian」をこうして支援するのである。シンプルなデザインの中に人類、社会、環境に対するドロテの思いがこめられたクリエイション。エシカル・マインド・ジュエリーのパイオニアであるジェムの5年間の活動をこうして追ってみると、次なるステップが気になってくる。

jem-016.jpg

左: エトラントはこうした半円を2つ背合わせしてリングにする。この半円はホワイトゴールドとブルーの真珠層のシングルで1,525ユーロ。 中: 真珠層のシングルとゴールドのダブル。2,575ユーロ。 右: 真珠層とパヴェダイヤモンド。

jem-014.jpg

左: イエローゴールド、ブルーパール、パヴェダイヤモンドのエンゲージリング。 中: ピンクゴールドとブロンズパールのエンゲージリング。 右: ホワイトゴールドとブルーパールのエンゲージリング。

JEM
10, rue d’Alger
75001 Paris
営)11:00~19:30
休)日
www.jem-paris.com
@jem_jewellery

editing: Mariko Omura

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories