夜、野外映画館に変身するレ・プレリー・ドゥ・パリ。

Paris 2022.01.18

220112_Exterieur_Nuit_01.gif

ジャック・ドゥミ監督の『天使の入江』から。

マレ地区のブティックを2015年にクローズした「Les Prairies de Paris(レ・プレリー・ドゥ・パリ)」。創業者レティシア・イヴァネーズは、昨夏、リュクサンブール公園に面するフリュルス通りとギーヌメール通りとのコーナーに小さなブティック・ギャラリーをオープンした。プレタポルテを販売するだけでなく、アーティストの作品の展示販売も行うなどギャラリーとしての活動も行うスペースだ。今年最初に彼女が提案するのはロザリー・ヴァルダとマチュー・ドゥミとのコラボレーションによる第七芸術だ。“Extérieur Nuit”とタイトルしてリュクサンブール公園がクローズするや、暗闇を映画館に見立ててブティックの外観にビデオ作品を午前1時まで流している。ジャック・ドゥミ監督の作品『天使の入江』(1963年)、『パーキング』(1985年)、『ロバと王女』(1970年)、『シェルブールの雨傘』(1964年)からの抜粋をアーティストNoé Grenier(ノエ・グルニエ)が編集した映像で、内側と外側の空間の移行をテーマに登場人物がさまざまな場所の扉から外へ出る、服を変える、といったシーンを繋げたものだ。長さ6分30秒。これがノンストップで繰り返され、通行人に新しい夜の体験を与えている。2月27日まで。

220118_lesprairiesdeparis_02.jpg

リュクサンブール公園に面したレ・プレリー・ドゥ・パリのブティックギャラリー。通りに面したウィンドウが午前1時まで映画のスクリーンに変身する。

Les Prairies de Paris - Laetitia Ivanez
1, rue de Fleurus
75006 Paris
営)11:00〜19:00
休)日、月
www.lesprairiesdeparis.com

 

editing: Mariko Omura

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories