CHICHI PARIS ~パリに住むエステティシャンのblog~

銀製品の魅力を伝え続けるメゾン・クリストフル

パトリモワンヌ(文化遺産の日)の週末は、一旦収まったかに見えたのに再熱したジレ・ジョーヌ(黄色いベスト運動)とMarche pour le climat(環境のためのデモ行進)があり、セキュリティーが厳しくメトロの主要な駅や道は閉鎖されていました。

IMG_3527.jpg

ぜひ訪れたかったのは、マドレーヌ寺院からコンコルド広場まで続くロワイヤル通りにある「ラ・メゾン・クリストフル」。コンコルド広場一帯は閉鎖されていたので、警察官にクリストフルに行きたいから通してほしいと言うと「クリストフルって何だい?」とまさかの質問(汗)クリストフルが銀製品の店でパトリモワンヌに参加していると説明して、なんとかロワイヤルに通してもらいました。

誰もいないロワイヤル通りとコンコルド広場!せっかくなので大通りの真ん中を歩いてクリストフルに到着(^ ^)

IMG_3563.jpg

道が閉鎖されていたためか、見学者が少なくてゆっくり見ることができました。銀製品が好きでブティックにはちょくちょく行くので特に目新しいものはなかったけれど、パトリモワンヌのためクリストフルの職人の方がおられて、銀製品のお手入れの仕方、銀製品が完成するまでの工程、シルバーコーティングの方法などどんな質問にも丁寧に答えていただき勉強になりました。

IMG_3530.jpg

職人の実演も。実際にノルマンディーのアトリエで使用している作業用のテーブルで、模様を彫る様子を見せてもらいました。麻のスモックがかわいい。皆んなこのスモックを着用して作業をしているんですって。

IMG_3529.jpg

さて、ブティックを見た後はガイドのマダムと一緒に上階に上がります。創始者のシャルル・クリストフルが銀製品を手掛け成功に至った経緯やこの建物の歴史などを詳しく情熱的に説明してくれるマダム。

クリストフルがあるロワイヤル通りの建物はいわゆる貴族の館ではないのですが、内装は大ブルジョワだったモイズ ド カモンド伯爵の館(現ニッシム ド カモンド美術館)と同様に非常に凝った贅沢な装飾が施されています。また、当時は2階(日本でいう3階)の住居が一番天井が高く富の象徴だったそうです。建物を見るとその差は明らかで、2階の窓は3階の窓より長くて天井が高く、他の階は天井がその半分位の高さしかありません。それは2階が外光が一番美しく差し込むフロアであり、同時に天井が高ければ高いほど部屋を暖めるのに召使いの人数が増えそれだけ費用が掛かる、つまりブルジョワの証だったという訳です。

IMG_3533.jpg

その高ーい天井の部屋は、クリストフルの展示室になっていて、現在では手に入らない貴重なコレクションを見ることができます。

IMG_3552.jpg

IMG_3560.jpg

アブサン(薬草のリキュール)を作る道具。アルコール度数が高いので、グラスの上に置かれたアブサンスプーンに角砂糖を置いて火を点けて、蛇口をひねってミネラルウィーターを滴らして火を消します。パリのバーでは今もよく見かける光景です。

IMG_3548.jpg

水を入れるカラフ。当時のデザイン画などもありました。どれもエレガントで美しい線を描いています。

IMG_3553.jpg

他にも沢山のシャンパンクーラーが展示されていて、ペリエ・ジュエのために作った花模様のシャンパンクーラーなどはため息を吐くほどエレガント。

一目で気に入ったのが先端が星形のスティック☆かき混ぜてシャンパンの泡をたてるためのスティックなんだそう。初めて見ました。シャンパンを飲むときフランスでは細長いフルートを使うことが多く、泡がすぐに消える浅いクープはパーティーのときに使用します。反対にアメリカではクープが好まれるのだとか。確かに昔のアメリカ映画にはよくクープでシャンパンを飲む場面がありますよね。この製品はクープを好むアメリカに向けて作られたもので、スティックを置くための受け皿の形がNYのビルディングになっているという凝りようです。

IMG_3541.jpg

ガイドのマダムの説明に耳を傾けながら、エリゼ宮を見学したときに見たクリストフルの銀のカトラリーが並んだテーブルを思い出して、フランス料理とは料理だけではなく、最高の気分で食事するための銀のカトラリーや燭台、グラス、ナプキン、テーブルフラワーなどによる総合演出、まさに Art de la table(食卓の芸術)なんだと感じました。

chichi

立神詩帆 Shiho Tatsugami

エステティシャン

美容と料理とアルゼンチンタンゴが大好きな、フランスのエステティック・コスメティック国家資格をもつエステティシャン。
パリ7区でオーガニックエステ&顔ヨガサロン「CHICHI(シシィ)」を運営。All About のフランス流美容ガイドとして、パリジェンヌから学ぶ美容情報やライフスタイルに関するコラムを掲載中。

www.chichiparis.com

https://allabout.co.jp/gm/gp/1693/
www.instagram.com/shiho_tatsugami/

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。