Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

パリ2区☆変わらぬ人気のフレンチー

アミューズにほんのり温かいベーコンのスコーンにちょこっとバターを塗って、キンキンに冷えたシャンパンで乾杯。

IMG_7289.jpg

旨っ!

このスコーンとシャンパン、合う合う!と最初から美味しくスタートしたのは、久しぶりに訪れたパリ2区のレストラン“Frenchie”(フレンチー)

IMG_7309.jpg

オープンしてしばらく経つのでそろそろ人気も落ち着き、予約も取りやすいと思いきや相変わらずの人気。

夫「1ヶ月前に予約しといたよ」

K「知らなかった…」

連日2回転のレストランはファーストサービスの18時30分ジャストにほぼ満席。

15分以上遅れるとキャンセルされ向かいのバーで待つ順番待ちのお客さんを案内しますという注意書きもあり、皆さん時間厳守でやって来る!?

(18時半予約はほとんどツーリスト)

IMG_7291.jpg

トマトとイチゴの濃厚なガスパチョはピリリと辛いオイルがアクセント。

IMG_7292.jpg

続くアミューズは、イチゴのポレンタ。

甘いだけではない、ちゃんと酸味のあるイチゴの甘酸っぱさが新鮮に感じました。

fullsizeoutput_e05.jpg

本日のワインはサヴォワ地方のビオの白ワインをチョイス。

ソムリエ「サヴォワのワインを知ってるの?今日の料理に合うとてもいいチョイスです!」

夫「サヴォワ@クーシュベルには以前よくスキーに行ってたのでそこで知りました」

ソムリエ「スキー、いいですね〜。というかクーシュベルはいいとこですよね!今年も滑ったの?」

夫「最近はオーストリアで滑ってて、ブラブラブラ(←大好きなスキー話止まらない)」

ソムリエ「いーよね、スキー!!ブラブラブラ(←なんだかスキーの話が始まった)」

K「・・・。」(スキー話は終わりにしてくれ…)

fullsizeoutput_e04.jpg

ソムリエ「テイスティングはどちらが?」

K「私、いきます」

ソムリエ「どう?」

fullsizeoutput_e07.jpg

K「美味しい!! ちょっとメモ用に撮らせてください」

ソムリエ「もちろん。スキーを思い出すでしょ〜♬」

K「え・・・」(それは思い出したくないです。今年もとても怖かったから…)

IMG_7295.jpg

ワインなスキー話がひと段落したところで冷前菜Daurade Royale(ドラード・ロワイヤル)登場。

ドラード・ロワイヤルはフランスの鯛の中でも高級なお魚です。

アイオリソースとカレーソースにライムの柑橘を効かせたお味で、カリカリとした蕎麦の実が食感アクセント。

と、ここまできて気がついたのは、レストランのメニューがコース1本になったこと。

以前はプリフィックスまたはおまかせコースだったのですが、いつからか料理はコース1本になったようです。

IMG_7299.jpg

温前菜はアンチョビとドライトマトがしっかり効き、バジルソースにサラダが載せられたモチモチのニョッキ☆

やや大きめカットのニョッキで、上品にお皿に3個。

イタリアンなニョキがフレンチスタイルになってちょっと新鮮なニョッキでした。

IMG_7302.jpg

魚料理は、Lieu jaune(リュー・ジョーヌ)、タラの一種です。

それを茄子で包んでいるのがとてもユニーク! 

添えられた茄子のフライも中がトロトロで茄子の甘味がグッド☆

IMG_7304.jpg

肉料理は鳩。

ちょっとグロテスクな脚付きですが、この骨まわりが一段と美味しい部分。

今か旬のアプリコットのロースト添え(ピスタチオ載せ)も良く、自宅で真似したい一品。

IMG_7305.jpg

最初のデセールは、これまた季節のフレッシュアーモンドとチェリーのアイスクリーム。

IMG_7307.jpg

2つ目はサクサクの蕎麦粉?のガレットを使ったミルフイユのようなケーキで、上に乗っているのはローストされたマシュマロ。

そのマシュマロのもっちり感が面白くて、印象に残る一皿でした。

こうして自分でアラカルトを選ぶのではなく、お任せのコース料理となると、忘れっぽい私は翌日画像を見ても「これなんだっけ?」となるほど記憶に残らないこともあるのですが、今回のお料理は一皿一皿が鮮明に記憶に残り、どんな味だったのか思い返せる美味しさでした。

IMG_7308.jpg

よかった!

無くなって欲しくないと思っていたのが、初めて食べてからずっと大好きなこのお店のマドレーヌ。

最後まで美味しく楽しくいただた久しぶりのレストラン・フレンチーでのディネでした。

☆Belle et Bonne Blogも絶賛更新中☆
 
 
<info>
Frenchie restaurant
5 Rue du Nil, 75002 Paris
01 40 39 96 19
 
 

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。 約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。 現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。