Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

L'appartamento di NAOKI ☆

パリ発たまに行くならこんな街。

IMG_0666.jpg

として国内旅行感覚で訪れているのがイタリア、ヴェネツィア 。

いつかカーニバルに参加したいと思いつつ訪れる度にマスクを楽しく眺めてます。

でもこれは(ロバ?でも角?!)被らないな。

*********

最近は積極的に新たにレストランを探すことが少なくなり、通いなれたお店ばかり。。

それはそれでいいのだけれど、たまには!と思って出かけてみたのは港区麻布十番(エリアはいつも通り…)にある“L'appartamento di NAOKI”(ラパルタメント ディ ナオキ)

目の前がオープンキッチのカウンター席に座るとセットされたお皿には大好きなヴェネツィアのリアルト橋デザイン♡

IMG_3954.jpg

カウンター越しのキッチンでは、イタリアで料理修行をされた横江直紀オーナーシェフがお一人でお料理。

IMG_3973.jpg

ディナーは少量多皿のコース料理1本。

グアンチャーレと黒キャベツスープでスタートしました。

fullsizeoutput_1e75.jpg

サクサクのシマエビ米粉タルトにキャビア載せ☆

IMG_3957.jpg

カプレーゼにはすっかり日本でも広まった感のあるブラータ☆

トロトロクリーミーなブラータがたまらない。

もっと食べたい!なところで次のお皿へ…。

IMG_3958.jpg

アンチョビの効いたディップソースでいただくバーニャ・カウダ☆

このソースがとても美味しく、野菜はもちろんパンにも塗って残さすペロリ。

IMG_3961.jpg

春らしい一皿は、子持ちヤリイカと自家製カラスミを菜の花クリームで。

IMG_3966.jpg

ジャンボマッシュルームのお肉&チーズ詰め☆

K「椎茸とかピーマンとかの肉詰めって好き〜!美味しいよね!!」

夫「そう?!俺には詰める意味がわからない。別々に食べていいと思うけど」

K「え…そんなこと言う人、初めて。。」

夫「肉は肉で、その隣りに野菜とかキノコを添えればいい気がするけど」

K「違う違う、一緒に食べてなんぼでしょ!?」

夫「ふーん」

IMG_3968.jpg

とか言ってくたくせに、

夫「旨っ!!」

IMG_3969.jpg

ワインを飲み始めたきっかけはイタリアの白ワイン。

ヨーロッパ文化の入口もイタリアだっただけにイタリアには思い入れが大きいです。

葡萄品種がありすぎて覚えられないイタリアワインですが、何を飲んでも美味しく感じる♡ただの酒飲み…。

IMG_3964.jpg

魚料理はメカジキ、ハマグリとウイキョウを合わせて。

IMG_3972.jpg

パスタはキタッラを濃厚な白子ソースで。

パスタ好きとしてはこの3倍はいただけるのだけれど、、これまたもっと食べたいところでnext! 

fullsizeoutput_1e77.jpg

しっかりソースのパスタの後にブラッドオレンジとスパークリングワインのグラニテでスッキリ。

IMG_3977.jpg

肉料理は鴨肉。

ミートボール 根パセリピューレを添えて。

IMG_3978.jpg

そんな肉料理にはやはり赤ワイン。

IMG_3971.jpg

普通ならこの後はドルチェになるわけですが、日本的にシメ的に食事の最後にご飯物登場。

少量でも食べ応えのある鴨の肝とアマゾンカカオのリゾット、トリュフ載せ。

一粒一粒が美味しい…♡

IMG_3979.jpg

パッションフルーツのティラミス☆

K「やっぱり一番好きなイタリアンスイーツはティラミス♡」

夫「パンナコッタ!フルーツソース無し!」

どこまでも合わない…。

IMG_3980.jpg

食後のカフェはミニ焼き菓子とともに。

大好きなBaci di Dama(バーチ・ディ・ダーマ)がある!(お皿の真ん中のお菓子)

バーチ・ディ・ダーマは ピエモンテ州のトルトーナの伝統菓子です。

このお菓子を食べる時の貴婦人の唇がキスをする形になるとことに由来して(ロマンチックね〜)、バーチ(Baci=キス)・ディ・ダーマ(Dama=貴婦人)と。

これが食事の最後に出てくるとなんだか幸せな気持ちになります。

K「これこれ、チューって感じ?」

夫「・・・。」(無視)

IMG_3982.jpg

やはり初めて行くお店は初めてならではの面白さも色々で楽しいものです。

 
☆Belle et Bonne Blogも絶賛更新中☆
 
<info>
L'appartamento di NAOKI(ラパルタメント ディ ナオキ)
東京都港区3 麻布十番3丁目3−9
03-5765-7360

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。 約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。 現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。