Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

お家でラビオリ☆

イタリア料理好き、大のパスタ好きですが自宅でほとんど作ったこと(&成功したこと)がないのが、ニョッキとラビオリ。

ニョッキにおいてはもはや才能が全くないことを悟り、作ることを封印。

ラビオリは、やはり生地づくりが面倒でなかなか作る気になれず…。

でも久しく食べていないので無性に食べたくなりました。

という訳で色々キノコのクリームソースのラビオリを作ることに。

fullsizeoutput_3c5c.jpgパリからお土産に持ち帰った乾燥セップ茸、ジロール茸の戻し汁をスープストックのベースに。

そこに日本の干し椎茸も。

+YM4HdcgRYKvl4vkqYqDCQ.jpgパンチェッタとニンニクをソテーして、スープストックを入れて生クリーム投入。

HKnwfFOpRDuRtJfaTrkHww.jpg白ワイン、乾燥ハーブミックスも加え、塩胡椒で味を整えるだけの簡単ソースの完成。

あとは茹でたラビオリと絡めるだけ。

ラビオリの中身は、ポルチーニ茸&リコッタチーズ。

OR6ejH3nTpufS%JVlwPZeg.jpg

ワインは、イタリア・サルディーニャのStellato Vermentino(ステッラート ヴェルメンティーノ)

これがまた驚きのコスパ高な美味ワインでして、2,000円台とは思えぬ厚みを感じさせるワインでハーブや花の香りがしっかりと豊か。

ほんのり塩味を感じるので魚介料理とはより合いそう♡

QSUpn88RTdu5kvWggROp9Q.jpg

ボナペティ。

K「どう?」

夫「ソースは美味しい。ただラビオリはまぁまぁというか、ちょっと…」

fullsizeoutput_3caf.jpgK「やっぱり手作りとは違うか…」

夫「作ったんじゃないの?」

K「これです。一応原産国はイタリアです」

sOPWGA4%RLq4a8APDcOtYQ.jpgと、手抜きな冷凍食品なのでした…。

本気のラビオリ作りはまたの機会に。。

***********

パリの1枚。

パリで一番好きな公園リュクサンブール公園。

池にSéna(元老院)が映って綺麗だった秋の日。

IMG_0281 copy.jpg

☆Belle et Bonne Blogも絶賛更新中です☆

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。
約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆


そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。