Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

四阿山登山☆

お天気を心配しながら迎えた朝。

なんとか曇りでいけそう!という訳で決行。

ちょっと早起きをして向かったのは、日本百名山のひとつ、標高2354mの『四阿山』(あずまやさん)

ルートはいくつかあり、いずれも往復6時間以上で中級者以上向け。

ただ私には本格的登山の経験がないので、今回AAご夫妻が提案してくれたのは、群馬県嬬恋村のパルコールつま恋リゾートから途中までパルキャビン(ゴンドラ)に乗る比較的楽なハイキング気分の登山。

fullsizeoutput_3e3e.jpg

標高1370m地点からスキー用ゴンドラに乗ってGo♬

毎年スキーでゴンドラには何回も乗ってるけれど、こうして緑の中を上がるのは滅多にないことなので眺めも山の見え方も新鮮。

このゴンドラで浦倉山と四阿山を結ぶ標高2100mの稜線まで上がりました。

乗車時間は約15分。

fullsizeoutput_3e3f.jpg

往復の無事を祈願&景気づけにカーン!と鐘を鳴らしたところで元気にスタート♬

SrJJ5j041XYZei21602117244_1602117462 copy.jpgちょっとひんやり感じる山の空気が清々しく、美味しい。

fullsizeoutput_3e45.jpg

行きだから一方的に登るのかと思いきや、登ったり下ったりでジグザグジグザグ。

「群馬の山旅」サイトによると、登りは約1時間40分。

腕に、いや「脚に覚えあり!」とスキー等で鍛えた足腰にはちょいちょい自信があるよ!1時間40分なんてちょろいな☆と内心思っていたのですが、倒木や木の根っこ、岩、ぬかるんで滑る箇所も多く、鼻歌の余裕がなくなってきた…。

fullsizeoutput_3e4a.jpg

そうやって足元に注意して歩いていると見慣れぬ植物、キノコやコケがユニークで思わず見入ってしまう。

綺麗な苔や下草の中にはたくさんの虫や微生物などがいるのだろうし、彼らにとってはこの小さな世界が全世界、宇宙なのかな。

fullsizeoutput_3df8.jpg

白く可愛いシラタマノキの実。

食べてOKということで食べてみるとミントのような湿布のような香りと味。

98rDrox8Q%KeX%yAHYB42g.jpg

遠くに見える山と湖が蒼く美しい。

fullsizeoutput_3e40.jpg

と、山登りは下を見て、上を見て、遠くを臨んでとなかなか忙しい。

それが楽しい♬

fullsizeoutput_3e56.jpg

広がる稜線の眺め、その中に見える紅葉に「キレ〜!」を連発。

この稜線は四阿山のカルデラの縁なのだそう。

(カルデラとは、火山が噴火したあとにできる大きな窪み)

fullsizeoutput_3e43.jpg

ところで、目指す「四阿山」は、群馬県と長野県の県境に位置する山で、その大きな山体はどこから見ても山の形が建物の屋根のように見えることから、「あずまやさん」と名づけられたのだそう。

だいぶ登ってきたところで眼下には雲海が広がり始めて幻想的に。

fullsizeoutput_3e49.jpg

登り始めて1時間40分過ぎたけれど頂上はまだ見えず!?

私達の足がそれほど遅かったとは思わないのですが、途中景色を眺めたり、写真を撮っていたこともあり想定以上に時間がかかる登りとなりました。(結果的には2時間ちょっと)

この画像ではわかりづらいのですが、なかなかの斜度の岩場で、この先は四つんばいのような体勢でないと登れぬ。。

fullsizeoutput_3e4d copy.jpg

え…まさかの鎖場。

こんな鎖場2箇所をクリア!

IMG_0826.jpg

頂上は気温も低く、風もあるので1枚着込んで防寒。

イエーイっ、ついに登頂♬

寝そべってみると空が近い気がして気持ちよかった。

fullsizeoutput_3e57.jpg

こうして登りつめた山頂は360度の大展望。

浅間山を始め、東に草津白根山、西に北アルプスの峰々、北に頸城山地、南に八ヶ岳を見渡せる大パノラマでしたが、登頂した瞬間は眺めは良かったのですが、あっという間に雲に包まれて真っ白に。

7KRgI1GYdBN6IRn1602122357_1602122400 copy.jpg

ちょうど昼時で登ってきた皆さんもランチライム。

私もすっかり腹ペコで、ランチは、おにぎり弁当。

てっぺんで食べるおにぎり&温かいお味噌汁、最高でした☆

fullsizeoutput_3e51.jpg

下りは1時間半ちょっとでゴンドラ地点まで無事下山。

気楽なハイキングかと思いきや、コースは変化に富み、思ったよりちゃんと登山した感の登りごたえのある四阿山でした。

fullsizeoutput_3e4c.jpg

もちろん最後は軟弱にゴンドラ乗車。。

***************

パリの1枚。

ノートル・ダムもそろそろ紅葉している頃かな〜。

IMG_0485 copy.jpg

☆Belle et Bonne Blogも絶賛更新中です☆

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。
約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆


そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。