Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

紫翠ラグジュアリーコレクションホテル奈良☆

☆秋の関西ブログ☆

かわいい〜っ!

動物の中ではかなりの鹿好きとしては、こんなに近く、そして触れ合えるのが嬉しくてたまらぬ奈良公園の鹿。

最近ちょっと問題ニュースも報じられていますが、キラキラな黒目でこちらを見上げ、人懐こい様子で着いてくる様子にキュン。

IMG_1395 copy.jpg

という訳で京都から奈良へやって来ました。

2023年秋の奈良でまず注目、話題と言えば、今年8月29日に開業した『紫翠ラグジュアリーコレクションホテル奈良』ではないでしょうか。

CXQfEyX5JprRudt1699676388_1699676431 copy.jpg

そのロケーションは、奈良公園の程近い西側。

東大寺や春日大社にも近い落ち着いた界隈の緑豊かなエリアです。

IMG_1409 copy.jpg

マリオット・インターナショナルの最上級カテゴリーブランド「ラグジュアリーコレクション」を冠したホテルで、ホテルメイン棟は、大正時代に建てられた奈良県知事公舎を当時の設えを残しつつ現代に蘇らせたという歴史も備えたラグジュアリーなホテル。

IMG_1415 copy.jpg

より広々と感じられるのは、周りに高い建物がなく、空がとても広いから。

お庭を歩いていると遠い万葉の里にタイムスリップしたような気持ちに。

客室は全43室で、ホテルとしてはコンパクト。

奈良の伝統を感じさせ、自然と調和するインテリアが施されていた和モダンな雰囲気。

Collagenara.jpg

この手の贅沢ホテルに来たら、まずはチェック&体験したくなるのがスパ&エステ。

昭和期に建造された洋館の跡地に建っていたのがスパ棟「SUI Spa」。

IMG_1411 copy.jpg

奈良の山々や森林に育まれ受け継がれてきた和漢のハーブや豊かな自然の恵みを生かした「紫翠」ならではのスパメニューが充実。

旅の疲れをとって綺麗になって帰る!なんて理想的。

IMG_1412 copy.jpg

ホテル内にレストラン施設は2つ。

シルクロードの交易により育まれた古都奈良の食文化、伝統と時の流れを感じることができる唯一無二のガストロノミージャーニーを提供する『レストラン 翠葉』。

qGNg57J0qqahpqB1699837414_1699837451 copy.jpg

個室もあり。

IMG_1417 copy.jpg

1922年建造の知事公舎の蔵をモダンな鮨レストランとして再生した鮨&バーの 「正倉」。

スクリーンショット 2023-11-11 13.50.40.jpg

また、こちのホテル内で必見なのが『御認証の間』。

1951年11月、昭和天皇がサンフランシスコ講和条約と日米安全保障条約の批准書に署名した場、旧県知事公舎の応接室「御認証の間」です。

そんな歴史的スペースと思うと感慨深い。

IMG_1418 copy.jpg

当時のままの円卓・椅子・調度品などが残されています。

IMG_1419 copy.jpg

さて、奈良で何食べよう?

と迷って私達が選んだのは、同ホテルの敷地内にある『茶寮・世世』。

その様子はまた後日。

とにかく京都から一変!

人の多さも違えど、流れる時間の早さも全然違う...そんな雰囲気の奈良はとても素晴らしく、まずはホテル周辺の散歩を楽しみました。

IMG_1413 copy.jpg

裏門でもパチリ。

l1aS1ByqaAaJ4NI1699676269_1699676310 copy.jpg<info>

紫翠 ラグジュアリーコレクションホテル 奈良

奈良県奈良市登大路町62番地

https://www.suihotels.com/shisui/

*****おまけのパリ*****

すっかり日本でも知られるところとなってますが、フランスはBD(Bande Dessinée バンドデジネ=漫画)人気が高い。

IMG_0505 copy.jpg

フランス語の先生のススメで初めて買ったフランス語本は、漫画だった。

面白かったな〜な記憶が蘇る。

IMG_0506 copy.jpg

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。
約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆


そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

ARCHIVE

MONTHLY

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories