Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

ハノイ名物☆ブンチャー

ベトナムブログ☆

ハノイに暮らすMちゃんと一緒だと全てにおいて心強く、あれ何?これ何?と尋ねながらの

町歩きはとても楽しい♫

DSCN10625.jpg

これは、蓮の葉でくるんだ「おこわ」。

鶏肉や海老などお好みの具材を載せてもらったり、緑豆、ピーナッツ入り、一見チキンライス風、

炒飯風などいろいろだそう。

小腹が空いた時や簡単に食事を済ませたい時に良さそうだし、米所出身としても気になる〜。

そういえばカンボジアでは、おこわはバナナの葉で包まれていたけれど、ハノイではこうして

蓮の葉なので、ほんのり漂う香りが違う。

DSCN0626.JPG

パリでもお馴染み、ベトナム風サンドイッチ「バインミー」。

本場で食べなくちゃ!と思っていたけれど、朝昼晩しっかり食べて、間食デザートも食べて

いたら、結局これを食べるタイミングがありませんでした...。

アラフォー女子には充分一食になるボリューム(=_=)

ちなみにパリの小洒落た美味しいバインミー専門店、Miss Bành-mi(ミス・バインミー)

もなかなか美味しいです。

DSCN0382.JPG

マルシェ好きとしては、やっぱり気になるハノイの市場。

Cho Dong Xuan(ドンスアン)市場は旧市街地区にある大規模な市場で3階建てで、1階が

食品・日用雑貨、2階は衣料品などが揃っています。

DSCN10377.jpg

その様子は、これまた東南アジアらしく混然と山盛り状態。

DSCN0380.JPG

豆類やドライフルーツなど、どれもこの量でこのお値段ですか!?(安い)と欲しくなるものが

色々。

ただ結構重いので調子に乗って買うとそれを持ってしばらく旧市街をブラブラ散歩するのは

疲れるかも...。

DSCN10379.jpg

地元の人も多いので現地の生活感を感じつつ、ローカルなお土産探しにも良いドンスアン市場を

後にして、やってきたのはハノイ名物の一つ、"Bun Cha"(ブンチャー)専門店☆

DSCN0372.JPG

早くも満席の人気店"Bun Cha 34"(ブンチャー34)

ローカル度高いわ〜〜!

10年前の女子旅ではカジュアルなレストランで食事をすることが多かったので、こういった

地元ッ子に混ざっての食事はとにかく新鮮且つオモシロイ!(^^)!

DSCN10373.jpg

ところで、ここハノイでは、南部に比べるとbun(ブン)をよく食べるそう。

ブンは、フォーよりも細くて白いモチモチの米麺。

パリのベトナム料理店でも頻繁に見かけてはいたものの、傍目には給食のソフト麺が少し

細くなったようなその見かけ、麵同士のくっつき具合、それが私にはあまり美味しそうに

見えずこれまで一度も食べたことがありませんでした。

DSCN10375.jpg

すっかり慣れたこのプラスチックのミニテーブル&椅子に座って待つことしばし。

このセットは簡単に丸ごと洗えるし、軽いので持ち運びもラクだし、コストかからないし、

とメリットは色々考えられるけど、体の大きな人・硬い人にはやや食べづらいかも。

基本的には器は持たずに食べるそうだから...。

DSCN10376.jpg

そして大きなお盆にのって登場!本場のブンチャー

ブンチャーは、お好みでハーブを入れていただくつけ麺で、炭火で焼かれた豚バラ肉や豚つくね、

揚げ春巻きと一緒にいただきます。

このお店の肉が芳ばしくて美味しい!そしてヌクマムが効いたつけ汁もあっさりでイケる(^^)

そしてブンは、つけ汁につけるとくっついていた麵が簡単にほぐれて、ツルツルな喉ごしで美味しく

いただけることにびっくり。

K「ちょっと、ちょっと、これ想像以上に美味しいんだけど!」

夫「やべーな。これ、ハマりそう♡」

好きになったらまっしぐらな私達はこれ以降、街中ではブンチャーチェック☆

レストランのメニューにあればオーダー。でもここでいただいたブンチャーがNo.1。

味がイイ、安い、美味しい。という訳で、ハノイ旅行をする方にはローカル度が高い専門店での

ブンチャーを食べていただきたい!と思います。

SUA4HPAuZTcGWep1460941146_1460941190.png

道端でごはん。すっかり慣れた(*^^)v

と思って通りの車の往来を見ていると、10年前に比べると走っている車もドイツ車などの

高級車の台数も歴然と増えている様子で、どんどん経済的に発展していることを感じます。

ブゥオン!と低音エンジンを響きかせて目の前に止まったベントレー。

そこから降りてきたベトナム風EXILEな二人が隣りに座った...。

そして充実のコンシェルジュサービスで知られる高級携帯電話Vertu(ヴァーチュ)で話し

ながらブンチャー食べる。こんな光景やっぱり10年前にはなかったと思う。。

なんだかシュール..と感じながらも、観光のシェムリアップと同様、ハノイは経済で急激に

発展している途上なので、勢いというか活気、元気がいっぱいある街だと実感しました。

おまけのパリは「ゴントラン・シュリエの春 Belle et Bonne

⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-953.html

à demain(^.^)/~~

<info>

Bún chả 34 Hàng Than

34 Hàng Than, Ba Đình, Hà Nội, ベトナム

+84 94 836 19 71

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。
約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆


そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。