Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

パリのお土産Vol.30☆

恒例のパリのちょこっとお土産シリーズ。

今回ここにアップするのは、ちびっこ向けお土産編☆

親戚はじめ、日頃お世話になっている皆さんのお子様にフォーカスして選んでみた色々です。

今年は、3月31日がPâques(パック:イースター、復活祭)⭐︎

IMG_4939.jpeg

また、今週末3月31日の未明には冬時間から夏時間へと切り替わり、日本との時差は8時間から7時間に。

冬時間が終わると、いよいよ春!

そしてパリと日本の距離が縮まる気がして嬉しい♬

IMG_4935.jpeg

春待ちのこの時期はショコラトリー&パティスリーは、期間限定のチョコレートやお菓子が並びスーパーのチョコレートコーナーもPâques色。

パリ、東京、いずれでも容易に買えちゃう「Lindt」(リンツ)なのですが、本場スイスに行った際にご当地スーパーで買ってみました。

IMG_5223.jpeg

仲良しちびっ子姉妹にウサギ&イースターエッグのチョコを。

お庭や室内でエッグハントを楽しんでもらえたら。

IMG_5225.jpeg

本格的にサッカーに取り組む兄弟には「パリ・サンジェルマンFC」のクッキー缶。

「メッシもこのクッキー食べたのかな?」

「食べ終わったらこれにカード入れようぜー!」

(*カードとはサッカー選手のカードだそう)

そんな男子たちのリアクションが可愛く、笑ってしまいました。

IMG_5421.jpeg

Bさんの娘、Mちゃんはこの春から小学生に。

B「ケーコさん、聞いて!うちのM、幼稚園の卒園アルバムに将来なりたいものの欄にギャル。親として超恥ずかしいですよ!」

K「ギャル!ウケる!!」

B「髪巻いて爪はキラキラ、ミニスカート穿きたいそうです」

K「うちの姪もそんな感じ!将来の夢、港区女子だって」

そんなMちゃんには、「ANGERINA」(アンジェリーナ)のクマちゃんギモーヴ(マシュマロ)。

IMG_5420.jpeg

K「これ、UちゃんとこのKちゃんに似てない?」

夫「似てる!」

IMG_5408.jpeg

La perle des Dieux」のオイルサーディン。

中身は子供にはあまりウケないかもしれないけれど...。

缶詰でありながら2020年のミレジメと記載されてまして、お値段もサバ缶としては高め。

自宅用に買ったものを私も食べてみたころ美味しかったです。

IMG_5418.jpeg

ところで缶詰は、すっかりお土産(大人用)定番。

フランス産以外にもスペイン産やポルトガル産なども美味しく、毎回積極的に買ってます。

IMG_5404.jpeg

デザインが可愛いものが多く、選ぶのはなかなか楽しい。

IMG_5405.jpeg

お酒のおつまみにも喜ばれます。

IMG_5403.jpeg

パリに暮らすまで缶詰はリーズナブルなものだと思い込んでいましたが、意外とお値段はピンキリ。

IMG_5406.jpeg

普段は自宅で食べるのもサーディンが多いのですが、先日黒胡椒の効いた燻製ニシンなるものを食べてみました。

IMG_3249.jpeg

思ったより美味しい!な感想です。

IMG_3251.jpegちびっ子用お土産調達店としては、ご近所パトロールエリアにある「Maison Carrousel」(メゾン カルーセル)は、かわいいお菓子屋さん。

IMG_2676.jpeg

ボンボンやパート・ド・フリュイもありますが、人気ベストセラーはギモーヴ(マシュマロ)。

私も子供の頃はマシュマロは大好きで、上に投げてパクッと口に入れて遊んでました。

K「でもあれは、マシュマロが好きなんじゃなくて、あーやって投げて食べるのが楽しかったからだと思う。大人になったら食べたいと思わないもん」

夫「いやっ!俺は今もギモーヴが大好きだ!!」

IMG_2677.jpeg

そうでした、そうでした、我が家には無類のマシュマロ好き人間がいました。

そんなギモーヴは、パリのマストなお土産になっています。

<info>
Maison Carrousel
192 Rue de Grenelle, 75007 Paris
 

*****K子のつぶやき@ジャポン*****

どっから見てもお店で買った風な本格的和菓子な練り切り。

だって「小豆」とかシールもついてるし〜。

IMG_5781.jpeg

でもこれ、友人で人形作家のマダムIさんが趣味で作ったお菓子。

「指先を使うのが好きだから」とマダムは本当に器用で、お菓子作りは和も洋もすごい!

「甘さはかなり控えめで日持ちしないからすぐに食べてね」と。

IMG_5783.jpeg

まずは抹茶餡と柚子餡をいただきましたが、お世辞ではなく本当にとっても美味しくてびっくり!!

今度は桜餅を作ってくれるらしい。期待♡

KEICO

新潟県の老舗旅館に生まれ育つ。
上京、進学、就職、まさかの出逢い?で結婚し2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆
そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

ARCHIVE

MONTHLY

フィガロワインクラブ
Business with Attitude
キーワード別、2024年春夏ストリートスナップまとめ。
連載-パリジェンヌファイル

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories