タイ チェンマイで、ランナー文化を体感できる4スポット。

タイ北部の古都チェンマイでは、旧市街をぶらりと散歩するのもいいし、ショッピングも楽しみ。タイ北部は、ミャンマーやラオス、中国の雲南とも近く、モン族やタイヤイ族、シャン族など、さまざまな民族が交流するなか、多彩な文化的影響を受けて、「ランナー文化」と呼ばれる独自の文化・伝統が育まれました。

お土産物的なクラフトは、ナイトマーケットでも売られていますが、ちょっと変わったものを手に入れたり、食べたりしてみたいなら、訪れたいのは、こんなところ。

モン族などの山岳民族は、伝統的に銀細工を身に着けるのがならわし。タイ北部では、伝統的に銀細工が盛んです。
「ウアラーイ・シンラパ」は、創業60年を数える、老舗の銀細工店。アクセサリーや食器類、雑貨小物など、銀で作られたさまざまなアイテムが売られていて、伝統の装飾がいままた新鮮。

190806-asia-01.jpg

ウアラーイ・シンラパ
108-110 Wualai Rd. Chiangmai
tel:+66-53-275-171

---fadeinpager---

欧米系タイ人のケント・グレゴリー氏が主催する「ソップモエアーツ」は、ランナー伝統の染めや織りの技術はそのままに、現代的なオリジナルデザインに仕上げているテキスタイルショップ。タイ北部のソップ・モエイという地域に暮らすカレン族の人々と密接に繋がり、手工芸を守りながら、生活の自立を支援しています。
テキスタイルや竹製のカゴは、エスニックでありながらとてもモダン。

190806-asia-02.jpg

190806-asia-03.jpg

ソップモエアーツ
150/10 Charoenraj Rd. Chiangmai
tel:+66-53-306-123
http://sopmoeiarts.com

---fadeinpager---

時間をかけて、宝探しをしてみたいのが「モン族市場」。チェンマイ最大のワローロット市場の南西にあるモン族市場には、幾何学的な模様や花柄など、モン族が手作りしたさまざまな服や小物がぎっしり! 民族衣装に縫い付けて用いる、装飾パーツなども多く売られています。
最近では少なくなりましたが、繊細な刺繍を施したアンティーク的な価値ある布パーツも見つかるかも。

190806-asia-04.jpg

190806-asia-05.jpg

モン族市場
Off Kuang Men Rd, Chiangmai

---fadeinpager---

タイ北部に約700年前から伝わるのが、青磁釉を施したセラドン焼き。旧市街のターペー通りにある「サイアム・セラドン」は、100年以上前に建築された美しいランナー・コロニアル建築の店舗に、さまざまなセラドン焼きの製品が売られています。

190806-asia-06.jpg

ここでは、奥にある「ラミン・ティーハウス」で、セラドン焼きの器に盛られたタイ風アフタヌーンティーを楽しむのもおすすめ。自家農園で生産したオーガニック紅茶やコーヒーを味わいながら、野菜の生春巻や果物、スコーンがついたアフタヌーンティーで、ゆったりとくつろいで。

190806-asia-07.jpg

190806-asia-08.jpg

サイアム・セラドン
158 Thapar Rd. Chiangmai
tel:+66-53-234-518
www.siamceladon.com

Michiyo Tsubota

旅エディター・ライター

編集・広告プロダクション勤務を経て、フリーランス。女性誌や旅行誌を中心に、旅の記事の企画、取材や執筆を手がける。海外渡航歴は70カ国余り。得意分野は自然豊かなリゾート、伝統文化の色濃く残る街、スパ、温泉など。

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories