朝から美食遺産 09 おかわりが止まらない、究極の鰹ふりかけ?!

フィガロジャポン7月号から始まった、新連載「朝から美食遺産」。フリーエディターの小長谷奈都子が、朝食のおかずに最適な逸品を、日本各地からご紹介。


やいづ善八のさくさく鰹ふりかけ

子どもは正直。このふりかけを炊きたてのご飯にかけて出すと、皆すごい勢いでおかわりをする。作っているのは、1868年に静岡県焼津市で創業した出汁の老舗による、やいづ善八。焼津産のカツオ節と、カツオの煮汁を煮詰めた日本古来の調味料、堅魚煎汁(かたうおいろり)を合わせた贅沢なカツオ出汁「やきつべのだし」が看板商品。ふりかけにはその自慢の出汁と焼津産のカツオ枯節、濃口醤油を使用。化学調味料無添加の優しい味わいだ。さくさくの食感を楽しむにはふりかけがいちばんだが、カツオの旨味がしんなり染み出るおにぎりもまた格別!

220126-morning-gourmet-heritage-01.jpg
さくさく鰹ふりかけ 30g ¥450
問い合わせ先:
やいづ善八 
0120-955-194(フリーダイヤル)
www.yaizu-zempachi.jp
小長谷奈都子(エディター)
フィガロジャポン編集部を経て、結婚を機に、2012年より京都暮らしをスタート。フリーランスの編集者、時々女将。京都の美味と美意識に魅了される日々。

*「フィガロジャポン」2022年3月号より抜粋

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

シティガイド
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
編集部員のWish List!
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories