朝から美食遺産 31 氷見の美味を味わえる、贅沢などんぶり。

氷見まちづくり発酵氷見とろごはんの素

新米のおいしい季節。どんぶり一杯もペロリと食べられそうなおともを発見。富山県氷見特産の海藻、ナガラモを出汁と塩麹で味付けし、ヤマイモ、イクラと三層になるように瓶詰め。ご飯の上で瓶をひっくり返せばたちまち三色丼に。ねばねば、とろとろ、ぷちぷちの食感と、磯の香りでご飯が進むこと。ナガラモの正式名称はアカモクで、丈夫な骨を作る、コレステロールを下げるなどといわれており、健康にも美肌効果など美容にもうれしい栄養素がいっぱい。賞味期限の短さにちょっとひるむけれど、それも保存料無添加ゆえ。おいしくてすぐなくなるので心配ご無用!

●問い合わせ先:
氷見まちづくり 
tel:0766-72-3400
www.toretorehimi.jp 
小長谷奈都子 エディター
フィガロジャポン編集部を経て、結婚を機に、2012年より京都暮らしをスタート。フリーランスの編集者、時々女将。京都の美味と美意識に魅了される日々。

*「フィガロジャポン」2024年1月号より抜粋

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

シティガイド
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
編集部員のWish List!
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories