朝から美食遺産 35 ちりめんじゃこ×ラッキョウ、鳥取の新名物が気になる。

宝福一の福ノ誉®じゃことらっきょうの生ラー油

240402-gourmet-heritage.jpg
福ノ誉®じゃことらっきょうの生ラー油 100g ¥870

鳥取砂丘に隣接する福部町は、全国屈指のラッキョウの産地。色の白さとシャキシャキした歯ごたえを生かし、甘酢漬け以外の食べ方を提案したいと、ラッキョウ農家が食品メーカーや料理人と協力して開発したのがこの福ノ誉シリーズ。瀬戸内産ちりめんじゃこと豆板醤、コチュジャンを合わせたピリ辛風味が白いご飯によく合うこと。瓶に「玉子焼きに混ぜたり」とあるので試してみると、卵の甘味とラー油の辛味、食感の違いが相まっていい感じ。このひと瓶、驚くことにラッキョウ嫌いの夫の箸が止まらない。ラッキョウ嫌いをも覆すおいしさ、ぜひお試しを!

●問い合わせ先:
宝福一
tel:0858-28-2321
https://takarafukuichi.jp
小長谷奈都子 エディター
フィガロジャポン編集部を経て、結婚を機に、2012年より京都暮らしをスタート。フリーランスの編集者、時々女将。京都の美味と美意識に魅了される日々。

*「フィガロジャポン」2024年5月号より抜粋

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

フィガロワインクラブ
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
世界は愉快

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories