THE WESTIN MIYAKO KYOTO "京の桜"を愛でる......老舗ホテルのスパと名シェフのフランス料理に満悦!

文/せきねきょうこ

2020年に創業130年(創業1890年)を迎えた「ウエスティン都ホテル京都」は、古くからホテルファンに愛されてきたばかりか、地元からの支持も高く、世界中から多くの賓客を出迎えた歴史ある社交場として知られてきました。

1:ホテル外観_2.JPG
高台に堂々と聳えるホテル外観。クラシカルな趣に風格を重ねた上質感が印象的。表からは貴重な中庭や「華水園」などの要はうかがい知れない。photo: THE WESTIN MIYAKO KYOTO

今回訪れた2月にホテルのスタッフから聞いた言葉は、そんなストーリーの一端を物語っていました。「うちのホテルでは『結婚式をするならココ!』と言う方がいらっしゃいます。親子三代での挙式も……」と。時を超えて愛され続けてきたホテルならではの逸話は数えきれません。伝統や格式は、時を重ね、ホテルのたゆまぬ努力とモチベーションの高さが礎になり信頼に繋がるのです。その老舗ホテルが、2019年11月から大規模改装・改修工事をスタート。2021年にグランドリニューアルを成し遂げました。

2:ロビーA.jpg
吹き抜けの大きなロビーとは趣の違う、プライベートな雰囲気のロビーの一画。館内のあらゆるところにR(アール)のデザインが施され、心がホッとする。photo: THE WESTIN MIYAKO KYOTO

ホテル全体のリニューアルコンセプトは、未来を見つめる中で国内外にその名を轟かせたいという思いから、「The Queen of Elegance」と掲げました。これは次世代へのメッセ―ジであり、また常に上質を目指して進化するホテルサービスを目指すラグジュアリーホテルでありたいという願いが現れているように思います。

3:デラックス平安京ビュー ツイン.jpg
客室「デラックス平安京ビューツイン」(38平方メートル)。景色のよいレトロモダンな客室からは東山の雄大な景色や街並みが見渡せる。photo: THE WESTIN MIYAKO KYOTO

---fadeinpager---

4:SPA「華頂」.jpg
スパ「華頂」では天然温泉「京都けあげ温泉」が楽しめる。華頂山や琵琶湖疏水との調和をコンセプトに南禅寺水路閣をイメージしたデザイン。photo: THE WESTIN MIYAKO KYOTO

2021年4月6日、一足先にオープンしたスパ「華頂」は、敷地内で掘削した天然温泉「京都けあげ温泉」を使用。華頂山や琵琶湖疏水との調和をコンセプトに掲げ、レトロな南禅寺水路閣をイメージした曲線がデザインされています。この京都随一の大きさを誇る2100平方メートルのスパには、男女別のエリアにそれぞれ半露天風呂、内風呂、ジャグジー、サウナが設置され、日本のモダニズム建築の黎明期を支えた先駆者、村野藤吾らしい曲線が採用されています。男女の内湯、スパのラウンジに見える緩やかな曲線美など、クラシカルとモダンが交錯する曲線、R型にデザインされたウェルネスエリアは、心まで和らげる優しい印象を感じます。

5::白砂の庭.JPG
敷地には京都市文化財(名勝)に登録された庭園がいくつもあり、小川治兵衛の回遊式庭園庭園も。写真は村野藤吾作、醍醐寺三宝院の庭を模した庭園。photo: THE WESTIN MIYAKO KYOTO

スパの完成よりも少し前の2020年7月11日、ホテルには、もうひとつの特徴的な施設がリニューアルオープンしていました。それは村野藤吾設計による数寄屋風別館「佳水園」です。”女将”の存在、客室平均の広さ70平方メートル、贅沢な廊下の造りなど、日本家屋ならではの伝統和風建築独特の感性に包まれます。また自然の岩盤を利用したという佳水園庭園、村野藤吾デザインの白砂を敷き詰めた中庭、敷地内の探鳥路など、傾斜地が利用された広大な敷地のホテルだけに、ホテル本館とは全く別の世界が広がっています。

6:月7寝室.JPG
2020年7月にリニューアル完成した数寄屋造りの「華水園」。設計者の村野は、渡り廊下やロビーなどのデザインを継承。天然温泉付きの高級旅館の趣きだ。photo: THE WESTIN MIYAKO KYOTO

---fadeinpager---

7:LeRESTAURANT_内観.jpg
ホテル内にあるDominique Bouchet Kyoto「Le restaurant」の内観。シックな大人のムードに本格フレンチ、そして上質なワインのセレクトも。photo: THE WESTIN MIYAKO KYOTO

もうひとつ、見逃して欲しくないのがホテル自慢のグルメ処です。朝食から楽しめるオールデイダイニングのブッフェレストラン「洛空」、アフタヌーンティーが人気のティーラウンジ「MAYFAIR」、そしてフレンチの名料理長ドミニク・ブシェ監修のフランス料理、Dominique Bouchet Kyoto「Le restaurant」です。本国フランスのパリ本店でミシュラン1つ星を獲得しているフランス人シェフが、この老舗ホテルの3階に54席を備えたエレガントな店舗を展開しています。

d1.jpg
photo: Dominique Bouchet

京都の野菜類や季節の旬を彩る魚料理、ドミニク・ブシェのシグネチャー料理である牛肉料理など、京都の老舗高級ホテルを舞台に”伝統と革新”、”フランスと京都”のエスプリを込めて提供。同じ3階にはドミニク・ブシェの初監修となる、Dominique Bouchet Kyoto「Le Teppanyaki」がオープンしています。次回は是非、フランス人名料理人監修の鉄板焼きを賞味するのが楽しみでなりません。

d2.jpg
photo: Dominique Bouchet

THE WESTIN MIYAKO KYOTO
京都市東山区粟田口華頂町1(三条けあげ)
Tel: 075-771-7111
www.miyakohotels.ne.jp/westinkyoto/index

Kyoko Sekine

ホテルジャーナリスト

スイス山岳地での観光局勤務、その後の仏語通訳を経て94年から現職。世界のホテルや旅館の「環境問題、癒し、もてなし」を主題に現場取材を貫く。スクープも多々、雑誌、新聞、ウェブを中心に連載多数。ホテルのコンサルタント、アドバイザーも。著書多数。

http://www.kyokosekine.com

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories