OMO7大阪 by 星野リゾート ~新今宮・大阪~ 自慢の食事に温かなもてなし、新感覚の"なにわラグジュアリー"。

文/せきねきょうこ

大阪のことを学んでいたら「京都の着倒れ、大阪の食い倒れ」という言葉が見つかりました。大阪には昔から“人情”の次に“食道楽”の気風があるそうです。ごぞんじの通り、大阪は山海の幸に恵まれるばかりか、江戸時代には「天下の台所」と呼ばれていたのです。そんな気風や習慣がいまに残る大阪には、食に手は抜けないという職人の“誇り”が根付いていました。

220830-omo7-01.jpg

JR新今宮駅のホームと向かい合う便利なロケーション。「OMO7大阪 by星野リゾート」の全景。手前は手入れの行き届いた庭「みやぐりん」。

2022年4月22日、そんな大阪の新今宮地区に誕生した「OMO7大阪 by 星野リゾート」(以下OMO7大阪)は、ホテルの客室数にも驚かされました。なんと436室、8タイプも揃った立派な大型ホテルなのです。それに客室階の廊下の長さが約100mを誇ることも驚きでした。観光目的のグループ旅行者も大いに歓迎できるわけです。その「OMO」ブランドは、現在3種類に分かれ、OMO3、OMO5、そしてこの大阪のOMO7です。

220830-omo7-02.jpg

建物の2階にあるOMOベース。ラウンジ、チェックイン・アウトのカウンター、OMOダイニング、ライブラリーなどホテルの中心。

---fadeinpager---

220830-omo7-03.jpg

OMOダイニングで提供するディナーコース2種の1つ「Naniwa Neo Classic」の美しい一品。

食事も驚きに満ちて画期的でした。メインのダイニングルームである「OMOダイニング」で提供されているディナーの何と美しく美味しいこと! 食べることに対して熱い文化の残る大阪ですから、“ゲストを満足させてこそ!”なのです。

220830-omo7-04.jpg

ディナーコースのもう一方「Naniwa KUSHI Cuisine」の食欲をそそられる一品。

大阪定番メニューとして提供される「Naniwa KUSHI Cuisine(なにわ串キュイジーヌ)」と「Naniwa Neo Classic(なにわネオクラシック)」は、いずれ劣らぬ美しさで、どちらを選んでも十分に現代的な大阪を楽しめ、見た目も味も抜群のコースディナーとして登場しました。「星のや」のリピーターなら料理を見てすぐに想像できるかもしれません。「星のや東京」でNIPPONキュイジーヌを創造する浜田統之総料理長が「なにわ串キュイジーヌ」を、いっぽう「星のや竹富島」で琉球ヌーヴェル、島テロワールを創造する総料理長中洲達郎氏が「Naniwa Neo Classic」をそれぞれに監修という、なんとも贅沢なディナーが提供されています。

220830-omo7-06.jpg

さすが大阪、出汁の効いた香ばしい葱焼きはゲストの前で調理される。OMOダイニングの朝食メニューのひとつ。

朝食も見逃せません。出汁が旨いと言われる大阪ですから、「うまいもんが並ぶ朝食ビュッフェ」では、香りたつ出汁を注いだうどん、ねぎ焼きなども食欲をそそられ、元気飛び交うグルメなホテルです。

220830-omo7-05.jpg

OMOカフェ&バルで提供されるカフェメニュー。

---fadeinpager---

ホテルが掲げる「なにわラグジュアリー」についても深堀りしましょう。もともとこのホテルが新今宮地区にできると聞いて、メディアの人々からは「なぜその場所?」と疑問が出たのも確かでした。高級感のあるホテルには向かない場所だと思われたのです。しかし実際に訪れてみると、高層ビルや洒落た店舗の立ち並ぶ地区とは大きく違い、通天閣周辺はディープな大阪の雰囲気を残していました。昔ながらの“なにわ文化”が色濃く残る地域であることも肌で感じ、同時に「とにかく面白い!」が印象でした。OMOレンジャーとの散策からなにわの今昔が見えてきたのです。

220830-omo7-07.jpg

窓の大きなコーナーツインルーム、大阪市内の夜景が楽しめる。

大阪のスタイリッシュな中心地では開発と共に失われてしまったような、おせっかいで人懐こい人々の行き交う新世界エリア。市場、昔ながらのブティック、精肉店、老舗の串揚げ屋さんも赤ちょうちんも、みんなが笑顔で迎えてくれました。何よりも、「OMO7大阪」の開業を心待ちにしていたと言うご近所の声が待っていました。観光目的の人々にとって特別感のある場所、ディープな大阪に出会える場所です。これこそ“なにわラグジュアリー”なのでしょう。

220830-omo7-08.jpg

大阪には風呂文化があり、“みやぐりん”の一角には湯浴棟「湯屋」が造られた。天井が吹き抜けで空が見えるが、雨が降っても湯船には入らないよう設計。

OMO7大阪 by 星野リゾート
大阪府大阪市浪速区恵美須西3-16−30
tel: 0570-073-099
www.hoshinoresorts.com/resortsandhotels/omobeb/omo/7osaka.html

Kyoko Sekine

ホテルジャーナリスト

スイス山岳地での観光局勤務、その後の仏語通訳を経て94年から現職。世界のホテルや旅館の「環境問題、癒し、もてなし」を主題に現場取材を貫く。スクープも多々、雑誌、新聞、ウェブを中心に連載多数。ホテルのコンサルタント、アドバイザーも。著書多数。

http://www.kyokosekine.com

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories