顔のリフレクソロジーで、お疲れフェイスをすっきりリフトアップ。

疲労感や睡眠の質低下に悩む人はいま、少なくないはず。そんな日々の不調に「顔のリフレクソロジー」で身体の内側から迫る「KAOYOMIサロン」。体調が整い、すっきり美しいフェイスラインへと導く、感動の施術を体験しました。

美容と身体のエキスパートによる独自のメソッド

220929-KAOYOMI_Salon-01.jpg

都心のマンションの一室にあるKAOYOMIサロン、主宰しているのは美容アナリストの奈部川貴子さんです。ジャーナリストとして美容の最前線でスキンケアの知識を深め、その後リフレクソロジーの資格や、鍼灸師の国家資格を取得したという、肌と身体の専門家です。

220929-KAOYOMI_Salon-02.jpg

8年もの研究の末に誕生したのが、内蔵と対応する顔の「反射区」と、顔の「筋膜」に注目した独自のメソッド。まずはカウンセリングで、顔や身体の状態、生活習慣やお悩みをチェックします。私は疲れやすく眠りが浅いこと、そして「下がったフェイスラインを何とかしたいです」と相談しました(切実)。

---fadeinpager---

背骨沿いに身体の状態を確認。こわばりをほぐしていく

今回体験するのは「温熱・フェイス&ヘッド・リバイタライズ」。まずは施術ベッドにうつぶせになり、背中にアロマオイルを塗布します。背骨のラインを指でたどるようにして、全身のゆがみを確認。「背中はリフレクソロジーで“第2の顔”と呼ばれていて、内臓の状態や身体の不調を反映するんです」と、奈部川さん。

220929-KAOYOMI_Salon-03-04.jpg

指先でそっと触るだけなのに「胃腸が弱く、クヨクヨ考え込むことが多いタイプでは?」と言い当てられてびっくり。私は東洋医学の「脾臓」に対応する反射区が硬く、ここが凝っていると胃腸が弱い傾向にあるそうです。

220929-KAOYOMI_Salon-05.jpg

脾臓の反射区をはじめ、凝り固まった肩甲骨や肩を指先で丹念にゆるめていきます。全身がポカポカ温まってきて、緊張もほぐれていくよう。
 

顔の骨格をたどりながら、骨と筋膜の接着をゆるめる

今度は上向きになってメイクを落とし、アロマオイルを顔全体に塗布します。あご先から骨格を少しずつたどるように、指を使ってそっと筋肉をゆるめていきます。

220929-KAOYOMI_Salon-06.jpg

「表情筋をほぐす時は、硬くなっている部位そのものより、まず筋肉と骨が接着している“端っこ”をゆるめることが大切なんです」と、奈部川さん。骨に沿って少しずつ指を移動しながら、筋肉と骨の接着部分をほぐします。

220929-KAOYOMI_salon-07.jpg

特にこめかみを触られるとイタ気持ちいい感じ……! 「目を酷使したり、歯を食いしばるクセがある方は、ここが凝りやすいんですよ」(奈部川さん)

---fadeinpager---

独自の「筋リフトマッサージ」でググッと引き上げ!

お次はいよいよKAOYOMI独自の施術「顔のリフレクソロジー」と、筋膜にアプローチする「筋膜リリース」を融合した「筋リフトマッサージ」です。まずは内臓と対応している顔の反射区を刺激。やさしいタッチで心地よいけれど、時々ゴリッとする部分が……!

220929-KAOYOMI_Salon-08.jpg

私は頬の中心部分が硬く「イタタ……」と思わず声が出てしまいました。「ここも胃腸とリンクする反射区です。考えごとを続けるなど、頭脳労働する人が凝りやすい部位。できれば1日の中で“ボーッと何も考えない時間”を持つといいですよ」と、生活の中で実践できるアドバイスも。

220929-KAOYOMI_Salon-09.jpg

反射区の刺激と同時に、表情筋の走っている方向と、表情筋にクロスする方向を、交互にマッサージしていきます。筋肉をゆるめ、たるんだ頬を効率よく引き上げるテクニックです。
 

チタンスティックで、じんわり「温灸ツボ押し」

肌を引き上げたら、次は東洋医療の温灸とツボ押しを融合した「温灸ツボ押し」のステップへ。独自のチタンスティックを温め、部位ごとに3種類を使い分けて刺激します。ハート型のスティックはフェイスラインを流し、ティアドロップ型は眉間をグーッとプッシュ。

220929-KAOYOMI_Salon-10-11.jpg

コーム型のスティックを眉の上で軽く振動させると、頭の芯からじーんとほぐれていく感じが。「しかめっ面をしたり目元を酷使して、眉周りが凝っている人がいま本当に多いんです」(奈部川さん)。自分では意識したことなかったけど、眉ってこんなに硬くなるんですね……!

---fadeinpager---

鎮静マスクをしながら、眼精疲労と自律神経のツボ押し

チタンスティックの温熱効果で温まった肌に、ひたひたのシートマスクを塗布。クールダウンしながら、ティアドロップ型のスティックで目の下のツボを刺激します。目周りの施術が充実しているのは、「現代人の不調は“目元”から生じることが多いから」という奈部川さんのこだわりです。

220929-KAOYOMI_Salon-12.jpg

「スマホを至近距離で見ると、目元、眉、額にかけてが凝りやすくなります。さらに夜遅くまでブルーライトを浴びると、交感神経が優位になって常に“オン”のモードになってしまう。その結果、睡眠の質が低下したり、イライラや疲労感など、あらゆる不調に繋がっていくんですね」(奈部川さん)

220929-KAOYOMI_Salon-13.jpg

マスク中に、コーム型のスティックで生え際にある自律神経のツボを刺激したり、ヘッドマッサージするステップも。心地よさに、ウトウトしてしまいました。
 

仕上げに下地をつけて終了。顔も身体もすっきり!

最後に日焼け止め効果のあるトーンアップクリームをつけて、カウンセリングも含め約100分の施術は終了。終わったあとは肌トーンが明るく、目がパッチリ開いていて驚きました。来店時はお疲れ顔だったのに、表情もイキイキとして見えます。

220929-KAOYOMI_Salon-14.jpg

背中と顔の施術だけど、全身の巡りが促されている感じ。首回りや肩も、ずいぶん楽になりました。そして最も感動したのは、帰宅後ストンと眠りに落ちて、朝までぐっすりだったこと。普段は寝つきが悪く、こんなにゆっくり眠ったのは何年ぶりでしょうか……!

これから年末に向けて、どんどん忙しくなる人も多いはず。気づかぬうちに疲労を蓄積する前に、心からおすすめしたいサロンです。見た目のリフトアップ効果はもちろん、身体の内側からのメンテナンスにぜひ。

KAOYOMIサロン
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-9-11 フレンシア外苑西104
tel:03-3796-8880
営)10:30~18:00
休)月、木、日、祝祭日
https://kaoyomi.jp/salon/
メニュー案内と予約は下記URLから
https://coubic.com/kaoyomi-salon/575402#pageContent
●温熱・フェイス&ヘッド・リバイタライズ 100分 ¥19,800、疲れ目リカバリー・フェイス 初回限定 60分 ¥6,600~

 

text: Namiko Uno

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories