外出自粛中の手荒れを救ってくれたのは、CBDバーム。

こんにちは、編集TIです。
普段よりも石鹸で丁寧に手を洗いすぎているからか、外出自粛中に水仕事をする機会が増えたからか、はたまた季節の変わり目だからか……そのすべてが複合的に影響したのかもしれませんが、2週間ほど前、右手の甲に謎の発疹がぽつぽつ現れました。はじめはハンドクリームでケアしていたけれど、次第に虫刺されのようなかゆみが発生してきたので、手持ちの軟膏やかゆみ止めを塗って様子見。ところがいっこうに治まらず、だんだん広がって赤く炎症状態になり、「これが色素沈着してシミに繋がったらどうしよう……!」と不安でいっぱいに。

こんな時期だし病院に行くのを控えていましたが、いよいよ受診したほうがいいのかも?と思いつつ、ふと手に取ったのが「ヘンプタッチ」のCBD配合バーム。以前に「ひどい肌荒れがおさまった」と薦められていたものです。こちらを塗ってみたら、症状があっという間に快方に。

200525_bb_01.jpg

スロベニアで有機栽培されたヘンプから採られたCBDオイル、ヘンプシードオイルを配合した、顔にも身体にも使えるバーム。ヘンプタッチ セラピューティックCBDスキンバーム 50ml ¥7,980/エソテリック

塗ったとたんにかゆみがすーっと引き、1~2日で炎症が治まり傷もふさがりました。1週間ほど使い続けて肌の赤みも引き、もとの肌色となじんできたところ。CBDには抗炎症、抗酸化、血行促進など肌にさまざまな作用をもたらすと知っていたものの、ここまで即効性ありとは! このバームはCBDオイルやヘンプシードオイルのほかに、シアバターやマンゴバター、カレンデュラエキスなども含んでいるので、肌を保護し修復する作用も高いのだと思います。

「経口摂取のもので睡眠の悩みが解消された」「塗るタイプで肩こりが緩和された」など、CBDの効果についてはいろんな話を聞きますが、そのパワーを改めて実感し、いろんなプロダクトを試したくなっているところです!

ヘンプタッチ
www.hemptouch.co.jp

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories