京都の人気店からひんやりおいしいアイスをお取り寄せ。

京都上ル下ル 2021.08.31

人気フルーツパーラーのジューシーなアイスバー。

フルーツパーラー クリケット

cricket_0029.JPG左から、ヨーグルトベースにマンゴーピューレをミックスした「マンゴーヨーグルト」、凍らせたイチゴを食べているような「ストロベリー」、カシスと赤ワインのベースにフルーツをミックスした「カシスミックス」、レモンベースにベリーソースが爽やかな「レモンベリー」、ビターチョコレートにバナナの甘さが絶妙な「バナナチョコレート」。各¥500

桜で有名な平野神社の向かいにある1974年創業のフルーツパーラー。京都中央市場の青果商がおいしい果物を食べてほしいとオープン。名物の果汁たっぷりの柑橘系ゼリーをはじめ、パフェやフルーツサンドなど、食べ頃の果物を贅沢に使ったメニューが揃う。夏の人気商品「フルーツバー」は3代目小坂洋平さんが開発したヒット作。果実や果汁をそのままアイスバーにしたようなカラフルな見た目と、果物をたっぷり使ったフレッシュな味わいが魅力だ。「柑橘類はガツンとした酸味そのままだったり、ビターチョコレートを使っていたりと、大人の方に楽しんでいただける味に仕上げています」と小坂さん。通年販売の定番6種のほか、季節によって店頭販売のみで木苺やメロン、桃などが登場することも!

cricket_0045.JPG店内のカフェスペースでもいただくことができる。名物のゼリーに使うグレープフルーツ、オレンジ、レモンの果汁に洋酒のアクセントを添えた「シトラスミックス」¥500

cricket_0103.JPGグレープフルーツ、オレンジ、レモンの皮をそのまま器に使った、プルプルの食感のゼリー。京都人のおやつや手土産に人気の看板商品。こちらもお取り寄せ可能。各¥800

cricket_0093.JPG店内では旬の果物の食べ頃を見極めて販売。カフェではその最高のタイミングの果物を使ったメニューを提供。果物の切り方ひとつにもこだわりがあるところが、さすがプロ。

cricket_0004.JPG

フルーツパーラー クリケット
京都府京都市北区平野八丁柳町68-1 サニーハイム金閣寺1F
tel:075-461-3000
営)10:00~18:00
休)火曜日不定休、12/31
www.cricket-jelly.com

 

---fadeinpager---

洋菓子店のスペシャリテが贅沢なカップアイスに!

マールブランシュ ロマンの森

malebranche_0049.JPG「モンブランアイスクリーム」にはマールブランシュのモンブランに欠かせない、サバトン社のマロンペーストとバーディネー社のネグリタ・ラムを使用。「茶の菓アイスクリーム」に使う茶葉は、貴重な手摘みを中心にブレンドした宇治抹茶一番茶。甘みを含んだ深い味わいが特徴。各80ml ¥378。お取り寄せの場合、各4個ずつ8個セット¥5,400(送料込)

マールブランシュは、1951年に河原町三条に始まった純喫茶ロマンを礎に、1982年、北山にオープンした洋菓子店。昨秋には山科にショップ、カフェ、工房、本社機能を備えた大型店舗、ロマンの森が誕生した。その2大スペシャリテであるお濃茶ラングドシャ「茶の菓」と「モンブラン」が、この夏、カップアイスになって登場。「茶の菓アイスクリーム」は石臼でひいた香り高い濃茶とリッチなミルク感の融合に、ラングドシャのアクセントをプラス。「モンブランアイスクリーム」はこっくりした栗の風味と芳醇なラムの香りで、まるでモンブランを味わっているような贅沢な味わい。お取り寄せは8個セットで、9月末ごろまでの販売予定。テイクアウトはロマンの森のほか、北山本店、加加阿365祇園店で購入できる。

malebranche_0055.JPGマールブランシュのショコラトリー、加加阿365の「加加阿アイスキャンディー」も夏の人気商品。“あたり”くじで、お菓子の詰め合わせが当たる! こちらはお取り寄せ不可のため、ロマンの森、北山本店、加加阿365祇園店で。左から、「苺&木苺&ホワイトチョコレート」、「ミルクチョコレート」、「お濃茶&ホワイトチョコレート」各¥480。全6種で今夏分が完売次第終了。

malebranche_0098.JPGロマンの森の特徴は、工房がガラス張りで製造風景が見渡せること。その工房から作りたてがショーケースに並ぶ新名物のひとつが「モンブランバタークロワッサン」テイクアウト¥378(テイクアウトの価格、イートインも可)

malebranche_0013.JPG看板商品のお濃茶ラングドシャ「茶の菓」をはじめとするマールブランシュの全商品に加え、ロマンの森の限定商品を展開。奥にはゆったりとしたカフェスペースがあり、できたてのスイーツを楽しめる。

malebranche_0011.JPG

マールブランシュ ロマンの森
京都府京都市山科区大塚北溝町30
tel:075-581-8787
営)9:00〜18:00(17:30L.O.)
無休
www.malebranche.co.jp/roman-no-mori

 

---fadeinpager---

老舗茶舗の名物パフェを再現した、可愛すぎるアイスバー。

伊藤久右衛門 祇園四条店茶房

ito_kyuemon_0044.JPG左から、定番「まっちゃ」と並んで人気が高い、イチゴと2種のベリーのトッピングした「いちご」¥640、栗の甘露煮と渋皮煮、モンブランクリームをのせた「もんぶらん」¥590

江戸後期の1832年創業という宇治茶の老舗。宇治本店の茶房ではパフェやあんみつなどの抹茶スイーツを求める人々の行列が絶えず、なにか店頭やテイクアウトで楽しんでいただけるスイーツを、と開発されたのがこの「抹茶パフェアイスバー」。2019年の夏、祇園四条店のオープンに先駆けてリリースされて以来、なんと30万本以上を販売。茶房で人気の定番や季節限定のパフェを再現しながら、アイスバーとしての完成度も極めたもの。香り高い抹茶のアイスクリームをベースに、種類で異なるカラフルなトッピングが楽しい。フォトジェニックな見た目はデザイナーが手がけ、職人が具材を手作業でのせて完成している。春のさくら、秋のモンブランなど季節限定の味が、アイスバーなら通年で楽しめるのもうれしい。

ito_kyuemon_0066.JPG左から、ミニだいふく、ミカン、あんこをのせた「まっちゃ」¥540、甘酸っぱいトロピカルソースやマンゴー、パイナップルを合わせた「とろぴかる」、桜色の大福、桜クリーム、桜花の塩漬けを飾った「さくら」各¥590。お取り寄せは5本セット¥4,200(送料込)

ito_kyuemon_0019.JPG四条大和大路の南東角に立つビルの2階と3階が、祇園四条茶房のフロア。和の風情漂う落ち着いた空間。甘味のほか、抹茶そばや抹茶カレーうどんといった食事メニューも揃う。

ito_kyuemon_0013.JPG1階は宇治茶や抹茶スイーツが並ぶショップ。購入したアイスバーは、赤い毛せんが敷かれたベンチでいただける。パフェアイスバーの販売は、ほかに宇治本店、JR宇治駅前店、平等院店、京都駅前店で。

ito_kyuemon_0080.JPG

伊藤久右衛門 祇園四条店茶房
京都府京都市東山区四条通大和大路東南角祇園町南側586
tel:075-741-8096
営)11:00~17:00(16:30L.O.)
無休
www.itohkyuemon.co.jp

 

photo:Naito Sadaho, text:Nastuko Konagaya

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

Recommended

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories