Parisienne file vol. 62 カミーユ・ボン バレリーナパリジェンヌの朝ルーティーン。

パリに暮らす、パリジェンヌのファッションやライフスタイルを紹介する連載「パリジェンヌファイル」。今回は、バレリーナとして活躍する、カミーユ・ボンが登場。

20220627-CamilleBon-A-01.jpg

プロのバレリーナとして活躍するカミーユの1日はストレッチ&ヨガから始まります。ピラティスとヨガを組み合わせたオリジナルのメソッドで、毎朝起きてすぐに45分から1時間かけてゆっくりと身体をほぐしていくそう。
「今日は肩甲骨を緩めようとか、ふくらはぎの張りをほぐそうなど、朝起きた瞬間に感じる身体の声を聞きながら、毎日プログラムを構成してエクササイズします」
その後はトウシューズを履いて軽くバレエのレッスン。基本的にはスタジオで本格レッスンを受けるので、自宅ではあくまでも身体をなじませる程度なのだとか。エクササイズが終わったら、季節のフルーツを少しとルイボスティを飲むのが毎朝のルーティーンです。 

---fadeinpager---

本格レッスン前に、自宅で。

20220627-CamilleBon-A-02.jpg

10年前から続けている毎朝のストレッチは、 以前習っていたハタヨガとピラティスを組み合わせたカミーユのオリジナルメニュー。その日の体調に合わせてメニューを変えるそう。

---fadeinpager---

20220627-CamilleBon-A-03.jpg

レッスンや舞台で履くトウシューズは2~3回履くと消耗されるので、その度に家でリボンの 縫い付けをするのが習慣。新しいトウシューズの試し履きを兼ねて自宅でも毎日レッスンをする そう。 

---fadeinpager---

20220627-CamilleBon-A-04.jpg

毎朝ハーブティを大きめなマグにたっぷりと。近所のオーガニックスーパーで買うルイボスティが最近のお気に入り。抗酸化作用の高いベリー類やリンゴなどを食べるのが日課。 

Camille Bon
1999年パリ9区生まれ。幼少期から習い始めたクラシックバレエに夢中になり、13歳でパリ国立オペラ学校に入学。5年間のレッスン期間を経てグランコンクールに出場。その後、パリ国立オペラ座で7年前からプロとして活躍中。 @camille__bon
Hiroko Suzuki
パリ在住のスタイリスト、ライター、ファッションコンサルタント。日本でスタイリストとしてキャリアをスタートし、渡仏。その後、長年にわたり「フィガロジャポン」をはじめ、さまざまなメディアでモードや旅などの最新情報を届ける。Instagram : @suzukichako

photography: Yusuke Kinaka, editing: Hiroko Suzuki

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories