アナログ感が愛おしい、ユニークなインビテーション。

世界中のファッションウィークが画面のなかに移行した今シーズン。ファッションのクリエイションやブランドの世界観の表現そのものが、デジタルのなかに閉じ込められざるを得ない状況の反動なのか、インビテーションという実際に手に取れる“フィジカルなもの”に凝るブランドやメゾンが増えてきて。

例えば。デジタル上で表現した世界観をスピンオフさせた形のプロダクトがインビテーションになってたり、デジタルの小さな画面と真反対のスケールの大きいプロダクトを送ってきたりとクリエイションも多種多様。今回は、私のポストに届いたインビテーションたちのなかでも、とりわけお気に入りだった5選をお届けします!

210324_IMG_7976.jpg

イザベル マランから送られてきたのは、カセットプレイヤーとカセットテープ!もはや使い方すら忘却の彼方のそれを再生すると、肉声で「3月5日にショーをするから見てね!」みたいなアナウンスとともに、デジタルショーで使用された曲が流れてきます。そうそう、忘れてましたがカセットテープって止まるんですね。そして止まったらカセットプレイヤーを開いて、A面をB面に変えて、再生ボタンを押して……っていう手間暇がかかるんですよ。その“面倒くささ”が、何かすごく新鮮だなぁって。お手紙付きってところにもなんだか人間味、その暖かみを感じたりしました。

210324_IMG_7966.jpg

次はアンテプリマから!届いたはいいけど、これ一瞬何かわからず。ペンダントトップ?オブジェ?一体何なんだろう……と思えば、なんと知恵の輪だった!知恵の輪にトライするのって一体いつぶりだろう……と考えながら、ああでもないこうでもないとやってるなかで感じたのは「もどかしさ」!この時代に是とされる価値観である“便利”や“スムーズ”の、ある意味正反対の“もどかしい”ってこの感覚、久し振りに(しかもゲームという娯楽を通して)感じて新鮮でした。

ちなみに、私が早々に匙を投げたこれ、隣の人が嬉々として取り組んでおりました&見事に解き明かしてました(男子ってこういうの好きよね…)!カセットプレイヤーといい知恵の輪といい、なんだかみんなアナログ志向になってるのかな……と思ったところに家に届いたのは。

---fadeinpager---

210324_IMG_7970.jpg

このボードゲーム!送り主は、メンズブランドのアミ・アレクサンドル・マテュッシ。ブランドのシグネチャー(❤にA)を模して作られたこの逸品。特筆すべきはそのクオリティ。白木のあつらえは日本の文藝品みたいに美しい。やっぱりアナログ指向はインビテーションにおけるひとつのトレンドとも言えるかも、とか思ったりしたり。

210324_IMG_7961.jpg

そして、アンリアレイジから届いたのはスノードーム!ドームの上に人が逆さまに立っています(なんとなくデザイナーの森永くんに似てるなぁ、と思うのは流石に深読みしすぎでしょうか……)。今回のショーが上下反転した空間でモデルがランウェイを歩く趣向だったので、それをほのめかせるインビテーションでした。ちなみに実は私、スノードームのコレクターなのでこれは単純にうれしかった!コレクションのひとつに加えようと思います。

最後のトリを飾るのは、

210324_IMG_7981.jpg

はいドーン!大きさも重さもバズーカ砲みたいなものが届きました!なかを開くと幾重にも重なる巨大サイズのポスターが。送り主はジェイ ダブリュー アンダーソン。ユルゲン・テーラーによる撮り下ろしの写真は、もはやアート作品のようでこのまま額装して飾りたいくらい。大きな大きな紙を一枚一枚広げながら写真を見る、というその行為。手間暇がかかる(ある意味面倒くさい)ことが、写真そのものをじっくりゆっくり堪能する、考察する時間になって。

今回いただいたインビテーションを見返して感じたのは、面倒くさいって感じることって、見方を変えるととても豊かな時間を過ごしていることの証左なんだなと。

改めて、日常の“効率の悪さ”を見返したいと思います。非効率って悪きものかつ解決すべきものだって思ってたけど、実はそこにこそ人生における“豊かさ”のヒントが隠れてる気がしたから。

パンデミック下のこの時期でしか見られないインビテーションから感じたこと、その備忘録。

日本を代表するストリートスタイルフォトグラファー/ジャーナリスト。
石川県出身。早稲田大学卒業。
被写体の魅力を写真と言葉で紡ぐスタイルのファンは国内外に多数。

毎シーズン、世界各国のコレクション取材を行い、類い稀なセンスで見極められた写真とコメントを発信中。ストリートスタイルの随一の目利きであり、「東京スタイル」の案内人。

ストリートスタイルフォトグラファーとしての経験を元に TVやラジオ、ファッションセミナー、執筆、講演等、活動は多岐にわたる。

IG : @reishito
TWI : @stylefromtokyo
FB : https://bit.ly/2NJF53r
YouTube : https://bit.ly/3ePodV8

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

Recommended

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories