「理不尽な上司にイライラしています」。伝説の編集長はどう答える?

フィガロジャポン5月発売号から始まる新連載「たゆたえども沈まず 島地勝彦人生相談」。読者から寄せられた悩みに、かつて『週刊プレイボーイ』を100万部売った“伝説の編集長”島地勝彦が答えます。madame FIGARO.jpでは連載の開始に先立ち、web限定で人生相談を実施しました。第2回目の相談者は、職場の上司の理不尽さに悩む女性。さて、シマジ先生の回答は?

Q. 理不尽な上司にイラついています。

毎日、上司にイラついています。自分の能力が低いこともあるかもしれませんが、仕事の振り方が明らかに理不尽です。明らかな八つ当たりも日常茶飯事です。別の先輩に相談すると、そうやって経験を積んで立派になっていくもんだ、としか返ってきません。その意見には甚だ疑問です。時代遅れだと思います。でも、先輩方が立派な編集者に育っていることも事実のようです。編集者になりたくて、やっと潜り込んだ現在の職場は、今年で4年目です。このまま耐えて続けるべきか、ほかの道を行くべきか悩みます。私は根気が足りないのでしょうか?(30歳/編集プロダクション アシスタント)

2.jpg

photo:MIREI SAKAKI

A. 相談者は理不尽な上司に毎日イライラさせられているようですが、こんなことはサラリーマン人生ではよくあることです。相談者がいま短気を起こして、辞める必要は絶対にありません。あなたは運良く、憧れの編集者の入り口に立ったのですよ。古人曰く、まさに「短気は損気」です。

もしわたしがまた人間に生まれたなら、やはりまた編集者の道を選ぶでしょう。それほど編集者という稼業は、魅力的な商売です。自分の発想力と行動力で、誰も思いつかなかったアイデアを実現できるのは、何ものにも代えがたい快感です。相談者も、いずれそういう快感を味わうときがくるでしょう。

相談者に八つ当たりすることで、編集部の不和を生むその理不尽な上司は、年齢的に考えても、必ずあなたより先にその編集部を去って行く運命にあります。悔しいときこそ奥歯を噛みしめて、その上司に敢えて笑顔を見せて、応対してください。その上司があなたのことを見込んで叱っているとしても、気に食わないと思って八つ当たりしているのだとしても、笑顔で頑張るあなたの姿には弱いはずです。そして、周囲の人たちは、必ずやあなたのそんな姿を見ています。

わたしは25歳から67歳まで、集英社で編集者として働きました。イラつく上司、大好きな尊敬出来る上司、どうでもいい凡庸な上司がいました。長いサラリーマン人生を振り返ってみると、わたしは上司として部下を褒めて使うタイプでした。笑顔で“褒め殺す”くらいまで部下を褒めることで、相手は本来以上の力を発揮できるものです。結果、現場は明るくなり、団結はさらに強くなり、雑誌や書籍は必ず売れたものです。

相談者はいまアシスタントという立場のようですが、わたしがいままで出会った有能な編集者とは、多くの人たちが口を揃えて「不可能です」と思うテーマを、軽いアクビをしながら、やってのける強者のことです。ですから相談者がたとえアシスタントという立場であっても、いまのうちから奇想天外なアイデアを、しっかり考えておくべきです。

相談者が一人前の編集者になりたいのなら、小説を読むよりも、ノンフィクションを読んだほうがいいと思います。なぜなら小説はあくまで絵空事ですが、ノンフィクションは時代を映し出す事実の集積だからです。編集者に必要な才能は、いまという時代をとことん面白がり、時代とともに踊ることです。ぐぁんばれ、悩める若き相談者!

210414-shimaji.jpg

『たゆたえども沈まず 島地勝彦人生相談』応募はこちらから。

【注意事項】
●ご応募は日本国内在住の成人の方に限らせていただきます。
●ご応募いただいた際は、当サイトの定める個人情報保護方針に同意いただいたものといたします。
●送信完了した応募内容の変更はできません。
●いただいたご相談は厳重な管理の下、相談者のプライバシーに十分配慮して取り扱います。
●ご相談は、編集部で内容確認のうえ、採用させていただくことになれば、島地氏に送らせていただきます。
●採用となったご相談は、雑誌「フィガロジャポン」掲載時に内容に相違のない範囲で編集部にて文章を整える場合があります。また、個人名や団体名、その他プライバシーに配慮し、名称などを伏せて掲載する可能性があります。 
●採用となったご相談は、雑誌以外にフィガロジャポンのオンライン、公式LINEニュース、アンテナ、Yahooニュース、Yahooトリルなどにも掲載されます。
問い合わせ先:
CCCメディアハウス フィガロ編集部

https://www.cccmh.jp/form/pub/cccmh/index

1941年生まれ。『週刊プレイボーイ』編集者として直木賞作家の柴田錬三郎、今東光の人生相談の担当者に。82年に同誌編集長に就任、開高健など人気作家の人生相談を企画、実施。2008年からフリーエッセイスト&バーマンとして活躍。現在は西麻布『Authentic Bar Salon de Shimaji』でバーカウンターに立ち、ファンを迎えている。

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories